鶯歌駅目の前のホテルFISH hostelに泊まってみた

鶯歌駅目の前のホテルFISH hostelに泊まってみた

台北郊外の陶器の街・鶯歌(インガー)。

台湾鉄道で台北駅から約30分で行けます。

鶯歌といえば鶯歌老街が有名ですが、他にも見所はたくさんあります。

せっかくなら1泊2日の小旅行で観光を満喫したい街でもあるのです。

今回、鶯歌1泊2日ショートトリップをしてみたので、鶯歌のいろいろを紹介します。

スポンサーリンク

FISH hostel 魚旅

まずは泊まったホテルを紹介します。

台湾鉄道鶯歌駅徒歩1分!(というか目の前)という超好立地にある民宿「FISH hostel 魚旅」です。

日本語を話せるスタッフもいるので安心です。

FISH hostel1 FISH hostel2 FISH hostel3

1階のフロアを入ると展示コーナーがあり、旅行好きなオーナーが海外で集めた可愛い雑貨や、デザイナーさんオリジナル陶器などを楽しむことができます。

FISH hostel4 FISH hostel5 FISH hostel6

家具や照明、壁紙のデザインは手作り感がありとてもカワイイ!

共有スペースの大きなテーブルで本を読んだり、他の宿泊者と交流したりできます。

FISH hostel7 FISH hostel8

2階と3階が宿泊スペースになっています。

2階にも共用スペースがあり、ゆっくりできるソファーの他に、冷蔵庫、キッチンスペースもあり、まるで台湾に住んでいるかのような気分を味わえます。

FISH hostel9 FISH hostel10 FISH hostel11

宿泊スペースはどの部屋も太陽の陽がしっかり入り、気持ちのいいお部屋ばかりです。

長期滞在者のための広々としたベランダに洗濯スペースもあります。

晴れた日にはここでお茶をするのもいいですね。

FISH hostel12

各部屋の宿泊料金

8人部屋

男女混合ドミトリー。女性はカーテン付きの下のベッドを優先してくれます。

平日:550元/人、金~日曜日・祝日:600元/人

1ヶ月契約:7900元/人、1年契約:月7000元/人

バス・トイレ共用

FISH hostel13

4人部屋(大太陽)

平日:2600元/部屋、金~日曜日・祝日:2900元/部屋

部屋専用バス・トイレあり

FISH hostel14 FISH hostel15

2人部屋(小太陽)

平日:1680元/部屋、金~日曜日・祝日:1800元/部屋

ドミトリーとバス・トイレ共用

FISH hostel16 FISH hostel17

注意事項:

*無料Wi-Fiあり、テレビなし(そのぶん人との交流を楽しみましょう)

*チェックイン時にデポジット200元が必要です。

*下記期間は価格が変わります、お問い合わせ下さい。

クリスマス~年末年始(12/24~1/4)、旧正月、端午節、中秋節、国慶節(10/7~10/11)

<施設情報>

FISH hostel 魚旅:新北市鶯歌區文化路171號
TEL:0910-071-926(日本語可)

新北市鶯歌區文化路171號

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!