この記事をシェアする

台湾のリプトンのお茶を買ってみた【100%台湾茶葉使用】

この記事をシェアする


台湾のリプトンのお茶を買ってみた【100%台湾茶葉使用】

台湾と言えばお茶ですね。

お高い茶葉を買わなくても、手軽に美味しいお茶を飲む事ができますよ。

今回は、台湾のリプトン(立頓/Lipton)のお茶を3種類、紹介します。

全て台湾のスーパーで購入できます。

安くて美味しいお茶なので、お土産にも最適。

私は全聯で購入しましたが、全聯以外でも売っていると思います。

台湾のリプトン、茗閒情シリーズ

台湾のリプトン、茗閒情シリーズ

購入した種類

今回購入したのは、「茗閒情」というシリーズ。

100%台湾茶葉を使っています。

全6種類。

  • 高山烏龍茶
  • 凍頂烏龍茶
  • 特選茉莉花茶(ジャスミン茶)
  • 玫瑰緑茶(ローズティー)
  • 玄米緑茶
  • 活緑茶

赤文字のものを購入しました。

販売価格

  • 凍頂烏龍茶:149元
  • 特選茉莉花茶:149元
  • 活緑茶:149元

全て36個入り、個包装はされておらず、ティーバッグがそのまま大袋の中に入っています。

賞味期限

賞味期限は製造から二年間です。

パッケージに西暦年で賞味期限が書かれています。

飲み方

パッケージの裏に、お茶の入れ方が書かれています。

ティーバッグを浸す時間は、書かれている時間通りに浸した方がいいです。

だいたいは、3分~5分です。

じゃないと、お茶の色も味も薄いです。

メーカーが推奨している淹れ方以外で淹れて、「薄くない?」と言うのはマナー違反ですよ。

もちろん、お好みで濃さは調整して下さいね。

飲んでみた感想

3種類とも、美味しかったです。

ただやはりジャスミンティーは香りが強いので、好き嫌いが分かれると思います。

「ジャスミンティー嫌い」という人は避けた方が無難。

烏龍茶、緑茶は食事にも合うと思います。

まとめ

茗閒情シリーズ以外にも、派手なパッケージのミルクティーシリーズもあります。

ミルクティーシリーズは個包装になっているので、バラマキ土産にもオススメ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
SNSのFOLLOW

SNSのFollow↓↓


【この記事もどうぞ】
スポンサーリンク