台北でタクシーに乗るといくらかかる?実際にかかった金額まとめ

日本では、普段の生活でタクシーに乗るという事はあまりありませんね。

タクシー代金が高いのと、タクシー以外の交通網が発達しているという理由があると思います。

 

しかし、台湾では普段の生活でタクシー移動する事も普通です。

タクシー代金が安いので、気軽に乗れるんですよ。

台北では初乗り70元(約250円)ですし、2人~4人グループで割り勘すれば、1人分の負担は安く済みます。

 

流しのタクシーもたくさん走っていますので、台北市内で「タクシーが捕まらない!」という事はあまりないと思います。

 

今回、何日間か台北市内をタクシーで移動して、実際にかかった金額をまとめました。

 

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾のタクシーに乗る時は

営業許可を受けている台湾のタクシーは、全て車体が黄色です。(チャーターなどを除く)

 

流しのタクシーを停める時は、赤で「空車」表示のあるタクシーに向かって手をあげましょう。

 

ドアは自動ではありません、手動です。自分で開閉して下さい。

 

後部座席でもシートベルトの着用が必須です。

外国人観光客には何も言わないかもしれませんが、運転手が何かジェスチャーをしたら、シートベルトの事かもしれませんので、着用して下さい。

 

夜間(夜11時~朝6時)、春節期間(だいたいは春節休みの3日前~春節休み終了まで)は、追加料金が必要です。

追加料金はメーターの金額+20元です。

 

住所を運転手に見せよう

日本でタクシーに乗る際は、「(店名・建物名・ホテル名)まで」と言う事が多いと思います。

しかし、台湾では目的地の住所を運転手に見せて下さい

 

台湾人は道路の名前で場所を判断しています。

小さな通りでも名称があり、住民は道路の名前を把握しています。

ですから、店名を言われるよりも住所を見た方が分かりやすいんです。

 

ガイドブックやGoogleマップの日本語漢字表記の住所でも構いませんので、「住所を見せる」という事が大事です。

 

もちろん、有名な建物(101ビルなど)や駅へ行くときには、その名称のみでも大丈夫です。

 

台北でタクシーに乗るといくらかかる?

実際にかかった金額をまとめました。

1元=3.6円(2020年1月現在)です。

夜間料金・春節料金は含まない、普段の金額です。

また、あくまでも「目安」としてご覧下さい。

 

※スマホの方は横スクロール

どこからどこまで

料金(元)

アンバサダーホテル~迪化街

90

アンバサダーホテル~行天宮

95

アンバサダーホテル~

華山1914

100

台北駅~中山駅

100

空港MRT台北駅~

アンバサダーホテル

115

アンバサダーホテル~

マンダリンオリエンタルホテル

120

華山1914~永康街

125

台北101~明曜百貨

145

士林夜市~台北駅

240

永康街~MRT後山埤駅

245

アンバサダーホテル~通化夜市

250

 

アンバサダーホテル~通化夜市は、約6.3km・所要時間約13分。

その距離をタクシーで250元(約900円)で行けるなら、安いですよね。

1日タクシーに乗り倒しても、1,000元(約3,600円)ちょっとくらいだと思います。

 

 

実際に移動してないので、この表には入れていませんが、桃園空港⇔台北市内をタクシーで移動すると、1,200元程度はかかるようです。

空港⇔市内の移動は、高級車での送迎サービスがありますから、それを使った方が良いと思います。

レクサスで片道1,300元程度で送迎してくれます。

 

流し以外を捕まえる方法もある

流しのタクシーを停める他にも、

という方法もあります。

 

夜、タクシーに乗る時は、配車記録を残すためにも、これらの方法を使った方がいいです。

そうすれば、防犯対策になります。

 

まとめ

とても安い台湾のタクシー。

台湾にお金を落とすためにも、台湾旅行中はどんどんタクシーを使いましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる