この記事をシェアする

【台東太麻里】オレンジの花が美しい金針花を見に行こう!

この記事をシェアする


【台東太麻里】オレンジの花が美しい金針花を見に行こう!

台湾の夏は金針花の季節!

金針花とは、日本ではワスレグサと呼ばれている、オレンジの花。

金針花は7月~9月がベストシーズンです。

今回、台東の太麻里へ金針花を見に行ってきました。

「忘憂谷」「雙乳峰」と言う、二か所のお花畑に行きました。

両方とも、一面金針花で、オレンジが映えていましたよ~。

日本ではあまり見る事が無い金針花。

お花好きの人や、写真撮影が趣味の方、ぜひ行ってみてください。


台東太麻里へのアクセス

台北⇔台東は、台湾の国内線飛行機があるので、片道1時間で行けますよ。

しかし今回は、高雄経由で行ってみました。

台北から新幹線で高雄へ(約1.5時間)、高雄1泊

翌朝、台湾鉄道で台東の太麻里駅へ(約2時間)

帰りは、飛行機で台東から台北へ(約1時間)

飛行機なら弾丸旅行でも台東へ行けますね!

高雄も見所たくさん、ついでに遊びに行くのも良いと思います。

台東太麻里郷は、金針花の故郷。

日本統治時代は、現在金針山と呼ばれている山一帯で、薬草が育てられており、その一帯は薬山と呼ばれていたそうです。

日本統治時代が終わり、台湾で初めて、金針花を育て始めたのがこの山だそうです。

そして、このあたりの山が金針山と呼ばれるようになったそうです。

ハイキングで金針花を見に行こう

今回、「環山雅築」というホテルに宿泊しました。

そのホテルから、金針花のお花畑「忘憂谷」と「雙乳峰」まで、片道徒歩30分くらいです。

ただ、写真を撮りながら、上り坂をゆっくりハイキングしたので、行きは40分ほどかかりました。

台東太麻里 金針花 ハイキングコース

忘憂谷

まずは「忘憂谷」へ歩いて行ってみることにしました。

当日は天候に恵まれず、残念ながら雨でしたが、なんとホテルのワンちゃんがハイキングコースを先導してくれました!

おかげで、とても楽しいハイキングとなりました。

ホテルのオーナーより、「今年は少し咲くのが遅く、まだ半分ほどしか開花していない」と聞いていましたが、絶景です!

初めて見ると、本当に感動する美しさです。

金針花は食べる事もできる

そして、この金針花、実は食べてもとても美味しいんです!

台湾の山菜料理のひとつなんですよ。

「忘憂谷」の階段下で、朝摘みたての新鮮金針花天ぷらを食べることができます。

とっても美味しいローカルフードですので、ぜひ試してみてください。

(金針花天ぷら50元)

散策終了後、一旦ホテルに帰り、アフタヌーンティーを頂きました。

雙乳峰

そして午後は「雙乳峰」へ。

これで半分の開花だなんて、信じられないほど美しい風景でした!

「満開の時にまた来たい!」と誰もが思うのではないでしょうか。

そして、金針花は太陽が出ている時だけ咲きます。

朝、お花がつぼんでいる姿と、日の出も美しいとのこと。

台東太麻里 金針花 アップ

一年中、花を楽しめる金針山

訪れたのは8月中旬だったのですが、標高が高く涼しいからか、一部でキレイに紫陽花が咲いていました。

実はこの金針山、

  • 1月~3月:桜
  • 4月~5月:ユリ
  • 6月~7月:アジサイ
  • 7月~9月:金針花
  • 11月~12月:もみじ

と、一年中色々なお花が見れる山なんです。

山の散策終了後、ホテルに戻り、夕食を頂きました。

まとめ

「中国人がいない今こそ、台湾へ行く時!」と言っている皆さん、ぜひ台東へ行ってくださいね。

日本人が「遠いから」と行かない台東へ一番行っていたのは、中国人です。

台東の方々は、観光客が減って困っていますよ。

台東太麻里のホテル「環山雅築」に宿泊して金針花を見に行きました~
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!