この記事をシェアする

高雄の美術館「金馬賓館」で現代アートを楽しもう

この記事をシェアする


高雄の美術館「金馬賓館」で現代アートを楽しもう
タイガーエア台湾さんにご招待頂き、高雄メディアツアーに参加してきました。
タイガーエア台湾には、成田ー高雄の直行便があります。

2018年11月に完成したばかりの、金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE)にお邪魔しました。

たくさんのアート作品が展示されているのですが、ここの一番の見所は、この建物自体。

なんと、約60年前までは、中国との戦争に備える為の軍事施設だったそうです。

そして、その軍事施設の用途は、なんとホテル。

と言っても、「賓館」という名前から想像される豪華で楽しめるものではなく、兵士を金門島をはじめとする離島に派兵する際、その前日にここへ泊まらせる為に造られたそう。

当時ここに泊まることになった兵士は、「帰りたい・・・」という一心だったでしょうね・・・。

その後、廃墟のように荒れてしまっていたのを、可能な限り、当時の技術を結集して修繕・改修し、なんと2年の歳月と1億元(約3.5億円)の費用を投入して、現在のオシャレな姿に生まれ変わらせたそうです。

昔の建物なので、現在は法律の関係で宿泊することはできません。

現在は、美術館とカフェで構成されていて、現代アート好きにはたまらないスポットになっています。

いろいろな「ありえん」アート作品をご堪能ください。


アクセス

高雄MRT鹽埕埔駅から徒歩10分。

もしくは、ライトレール寿山公園駅から徒歩5分。

金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE) 外観

金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE)

1階:アメリカ人アーティストの展示

1階には、アメリカ人アーティストが作った「部屋」があります。

中には照明と椅子しかありません。

ゆっくりと照明の色が変わっていくこの部屋は、なぜか心がとても落ち着きます・・・。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ゆっくりと様々な色に変わり、2.5時間で一周するそうです。

アメリカでこの展示を行った際には、この部屋を警備していた警備員が、数ヶ月もの間毎日この部屋にいたことで、ストレスが軽減し、慢性的な頭痛がすっかり治った、というエピソードまで有るそうです。

うん、確かにものすごく落ち着く。

2階:台湾人アーティストの展示

台湾人アーティストが、海外で暮らす中で、その現代アートに影響を受け、東洋の「禅」をテーマに、力や気の向き・流れ・動きを生き生きと描き出しています。

金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE) 台湾人アーティストの展示

ここで気付いたんですが、この部屋は、絵画には大敵の太陽光をあえて窓から取り入れ、部屋の所々を明るく照らしています。

案内してくれた林さん(爽やかな美人)によると、これは光(時間の経過)による部屋全体の変化を楽しんでもらえるよう、わざと日光が差し込むよう設計されたものだそうです。

光も、作品の一部、禅の一部というわけですね。

3階:ドイツ人アーティストの展示

一番不思議な部屋が待っていました。

金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE) 展示室

パッと見、不思議ではないオシャレな展示室

ドイツ人の装飾品デザイナーが制作したブローチや首飾りが並べられています。

ものすごく独創的です(笑)

こういった装飾品は通常、金属や宝石によって造られると思います。

しかし、彼の作品には、木・紙・布が多用されています。

常識を打ち破る、それがアート。

が、これは気に入りました。

気に入ったものの、ブローチかネックレスか分からない作品でした・・・。

併設のカフェレストラン

美術館を出て、館内に併設されているカフェレストランに入りました。

開放感があり、とても、とてもおしゃれでした。

各テーブルには様々な多肉植物が置かれ、他にも日本の書籍や、日本酒「獺祭」まで並べられていて、驚きました。

こちらのカフェレストランで、抹茶ラテを頂きました。

甘さがかなり控えめで、優しい味わい。

金馬賓館・當代美術館(ALIEN ART CENTRE) 抹茶ラテ

こういうグラスにこんな風にドリンクを入れると、富士山っぽい

さらに、付け合わせは「チョコレートかな?」と思いきや、なんと龍眼のドライフルーツ。

これが滋味深い甘味で最高でした(タネは出してね)。

(因みにこれ、スペシャルメニューらしいので、メニューには載っていません。飲みたい方はこの画像を見せて、「これ飲みたいの、これこれ!」とやってください)

まとめ

高雄でゆっくりできる時間が作れたら、またここに来たいです。

できたばかり&入館料も割と高めの設定なので、とても空いていて、台湾と思えない静けさです。

一日中ぼーっと現代アートを眺めたり、癒しの部屋に腰掛けたり、コーヒーやビールを飲んだり、それからまた絵画を眺めたり・・・。

時間が過ぎていくのを忘れ、感じ、楽しみたいです。

あ、なんか極上の温泉宿に行く感覚に近いですね。

湯に浸かりながらぼーっとする感覚でしょうか。最高に耽美な一日になるでしょうね。

特に、失恋した人は絶対に来た方が良いです。絶対こういう癒しが必要です!

場所:金馬賓館 ALIEN Art Centre

住所:高雄市鼓山區鼓山一路111號

TEL:07-972-1685

アクセス:MRT鹽埕埔駅徒歩10分/ライトレール寿山公園駅徒歩5分

開館時間:10時~18時(月曜休館)

入場料:250元(子ども150元)

※但し、600元の「全票」を購入した場合、カフェレストランで600元分の飲食が可能。参観料は実質無料となります。いずれもカフェレストランの利用時間制限はありません。

高雄市鼓山區鼓山一路111號
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!