春節で一番頭を悩ませる?台湾の紅包のルール7つ

春節で一番頭を悩ませる?台湾の紅包のルール7つ

台湾の旧正月で最も頭を悩ませるのが、紅包(お年玉)。

紅包にも細かいルールがあるんです。

日本では、お年玉というと「大人が子供にあげるもの」ですよね。

紅包はそれに限りません。

  • 働いている子供が親にあげる
  • 会社の上司が部下にあげる
  • 近所の人やマンションの警備員にあげる

など、お世話になっている人にあげるんですよ。

それでは紅包にどんなルールがあるのか見てみましょう。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の紅包のルール7つ

1.包む金額

まずはここに悩むんですよね。

下の表にまとめました。

    相手推奨金額
1.両親や祖父母3600元~。6000元以上なら親孝行。
2.自分の子供1000元 or 2000元。
3.友人・後輩・近所の人など200元~。600元、800元でも可。

1・2・3の枠内ではそれぞれ金額を同じにするのがマナーだそうです。

2.ピン札を包む

おめでたい新年に汚いボロボロの紙幣では、気持ちよく新年を迎えられませんよね。

ピン札を包みましょう。

3.厚みがあれば失礼にあたらない

社会に出たばかりの人も、働いていれば紅包を包むのがルール。

紅包を分厚くして、ごまかしましょう。

例えば、1000元包むときに100元札10枚にするなど。

100元札は赤色をしているので、縁起が良い印象になります。

4.偶数の金額を包む

中華圏では偶数が縁起が良いとされています。

「6」は六六大順(物事がすべて上手くいく)、「8」は「發」と発音が似ているので好まれます。

ただし、「4」は避けましょう。

「死」と発音が似ていて縁起が悪いからです。

5.新しい紅包袋を使う

春節で一番頭を悩ませる?台湾の紅包のルール7つ
写真/東森新聞

紅包袋に干支や年度が書かれておらず、破損や汚れもなければ、使い回しでもOK。

6.縁起の良い言葉を紅包袋に書く

紅包袋には「恭喜發財」など縁起の良い言葉を添えて。

7.お金の替わりに宝くじでもOK?!

「本当にお金がない・・・」という時もありますよね。

そんな時には、宝くじを紅包袋に入れてもOKらしい。

いくら包むかで悩まなくていいし、チャリティにもなります。

まとめ

外国人が日本の冠婚葬祭の習慣を理解するのが難しいように、日本人が外国の冠婚葬祭の習慣を理解するのは難しいですね。

紅包にいくら包めばいいのか迷ったら、信頼できる台湾人に相談したほうが無難です。

参照元:發紅包很頭痛? 上班族必看的7大攻略

台湾の春節について知りたい?

Sponsored Link
春節で一番頭を悩ませる?台湾の紅包のルール7つ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメント一覧 (1件)

  • もうすぐ旧正月!私たち日台夫婦の旧正月の過ごし方について | 〜私、台湾へ嫁ぎます〜 より:

    […] げる立場なのに、貰ってしまった。ダメな嫁…。 ※ちなみに紅包の詳しいルールは、台湾ZINEさんの記事に詳しく書かれています! スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({} […]

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる