この記事をシェアする

春聯を貼る時のルール8選!玄関のドアは倒福にしてはいけない

この記事をシェアする


春聯を貼る時のルール8選!玄関のドアは倒福にしてはいけない

春節(旧正月)の時に、玄関や家の中に貼る正月飾りを「春聯」(チュンリェン)と言います。

この春聯にも、貼る時のルールがあります。

今回は、「春聯を貼る時に気を付けるべき8つのルール」を紹介します。

春聯を貼る枚数、貼る時間、〇〇の時は貼ってはいけないなど、様々なルールがあります。

春聯を貼る時に気を付ける事

1.上の句と下の句を間違えて貼ってはいけない

春聯というのは、「横向き1つ・縦向き2つ」がワンセット。

そして、縦向き2つは、上の句と下の句に分かれています。

  • 最後の文字が三声または四声:上の句
  • 最後の文字が一声または二声:下の句

だそうです。

2.玄関のドアに「春」だけを貼ってはいけない

玄関のドア部分には、「春」だけではなく、「福」(逆さまにせずに)・「招財進寶」等も貼りましょう。

古代では、色情の場所が「春」のみを貼っていたそうです。

ですから、「春」だけを貼ると、ヤバい運気が入って来てしまいます。

漢字の「春」の意味はここから来ているのかもしれませんね~。

3.玄関のドアは「倒福」にしてはいけない

「”倒”と”到”が同じ発音のため、”福”の春聯を倒置して貼り、福到来を願う」というのは有名な話ですね。

しかし、玄関のドア部分には貼ってはいけません。

なぜなら、家の運気全てが逆さま、「倒光光」(すっからかん)という意味になってしまうため。

「財」も同様、玄関のドアに貼ってはいけません。

窓や部屋の扉に逆さまに貼りましょう。

4.奇数枚を貼る

春聯を貼る際には、奇数枚を貼りましょう。

1・3・5など奇数が縁起の良い数字です。

ちなみに、その一か所で奇数枚であれば良いそうで、家全体の春聯の数ではないそうです。

5.大晦日の午前中に貼る

旧暦の12月24日から大晦日まで、大掃除をします。

大掃除が終わったら、春聯を貼りましょう。

「旧暦大晦日の朝6時から正午12時までの間」が良いそうです。

この時間が最も陽の気が強いとか。

6.古い春聯は破り捨てよう

古い春聯を剥がしたら、それを破りましょう。

そして新しい春聯を。

古い春聯の上に新しい春聯を貼ってはいけません。

新しく入ってくる運を逃してしまいます。

7.不吉な字を入れてはいけない

春聯に「滅」「絕」「死」「亡」などの不吉な字を使ってはいけません。

同じ音の字も使わない方が賢明。

8.喪中の時は貼ってはいけない

喪中の時には春聯を貼ってはいけません。

春聯とは、正月飾りのおめでたいものです。

日本の「喪中の時に年賀はがきを送ってはいけない」と一緒ですね。

まとめ

春聯を飾りたいと思っている方は、こういうところに気を付けて飾ってみてください。

より良い運気が訪れると思います。

参照元 貼春聯「8大禁忌」!大門別貼「倒福」、單數才吉利…以免招晦氣衰整年

スポンサーリンク

この記事をシェアする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
SNSのFOLLOW

SNSのFollow↓↓


【この記事もどうぞ】
スポンサーリンク