小潘蛋糕坊のパイナップルケーキは板橋へ行かなくても台北市内で買える!

2020年1月、内容を最新版へ更新しました。

新北市板橋区の人気パイナップルケーキ店「小潘蛋糕坊」。

(店名が文字化けしている方、小潘蛋〔米羔〕坊という店名です)

常に大行列ができているお店です。

しかし、わざわざ板橋まで買いに行くのは面倒ですよね。

実は、このパイナップルケーキ、台北市内でも買う事ができるんです。

この記事では、

  • 台北市内で小潘蛋糕坊のパイナップルケーキを買える所
  • 食べた感想

を紹介します。

最近、たくさんの場所で買えるようになった小潘蛋糕坊のパイナップルケーキ。

ぜひ皆さんも買ってみて下さい。

目次(見たい項目へ飛べます)

台北市内で小潘蛋糕坊を買える所

  • 7-11松錦店(台北MRT行天宮駅3番出口右折徒歩2分)
  • 高鐵の駅にある7-11(高鐵桃園駅にはありました)
  • 一部の7-11
  • 博客來(ネット通販)

上記の所にはあるようです。

当然ですが、販売価格は板橋で買うよりも上乗せされています。

そして、販売価格は店舗それぞれで違うと思います。

しかし、板橋まで買いに行く手間を考えれば、上乗せ価格で買った方が早いです。

私は博客來(ネット通販)で買いました。

1箱(個包装12個入)359元でした。

小潘蛋糕坊のパイナップルケーキを食べてみた

賞味期限

  • 賞味期限:常温保存30日間(個包装の場合)
  • 個包装への賞味期限の記載:あり

個包装は密封されています。

成分について

小潘蛋糕坊 成分表示

卵・バターが含まれています。

餡は「パイナップル餡+冬瓜餡+卵黄」という、比較的珍しいパイナップルケーキ。

1個のサイズは比較的小さめ。

皮は柔らかいタイプ。

餡は、ねっちょり感が全くなく、サラサラした餡ですね。

私は「皮が柔らかく、サラサラした餡」が好きなので、好みの系統ではありました。

しかし、実際に食べてみると、「そうでもないな」と思いました。

このパイナップルケーキは台湾人に大人気で、みんな「美味しい美味しい」と言っているので、自分の中でハードルが上がっていたのかもしれません。

今回、5種類のパイナップルケーキの食べ比べをしたのですが、その中でランキングを付けると、3位でした。

「好みの系統だったけど、上位ではなかったな」というのが正直な感想です。

フィルム、開けにくい・・・

小潘蛋糕坊のパイナップルケーキのフィルム、開けにくいと思うんですけど、私だけですかね・・・?

開ける時に皮がポロポロこぼれるんですよ。

この点は改良してほしいなぁと思いました。

まとめ

台湾人には大人気の小潘蛋糕坊。

板橋へ行かなくても買えるのは便利ですね。

他のパイナップルケーキもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる