この記事をシェアする

寧夏夜市のおすすめグルメとトイレについて

この記事をシェアする

寧夏夜市のおすすめグルメとトイレについて

台湾旅行で一番目に行く夜市は士林夜市、二番目は饒河街夜市、では三番目は?

今度は、寧夏夜市へ行ってみませんか?

最寄駅から徒歩10分ほどかかるので、外国人観光客がそれほど多くない、地域密着型夜市です。

今回は、寧夏夜市のおすすめグルメを紹介します。



寧夏夜市のおすすめグルメ

東石鮮蚵

東石鮮蚵

こちらのお店には、お粥があります。

日本では、お粥は体調が悪い時に食べるものですが、中華圏では、日常的にお粥を食べています。

旅行中、体調を崩してしまった方や、台湾の料理が全部口に合わない・・・という方などは、お粥を試してみては。

圓環邊蚵仔煎

圓環邊蚵仔煎

蚵仔煎(カキオムレツ)の有名店。

大腸包小腸

大腸(豚の腸にもち米を詰めたもの)で、小腸(ソーセージ)を包んだ料理を、大腸包小腸と言います。 海外では台湾式ホットドッグとも呼ばれています。 もち米なので、1個食べただけでかなりお腹に溜まります。

大腸(豚の腸にもち米を詰めたもの)で、小腸(ソーセージ)を包んだ料理を、大腸包小腸と言います。

海外では台湾式ホットドッグとも呼ばれています。

もち米なので、1個食べただけでかなりお腹に溜まります。

焼きトウモロコシ

日本の屋台グルメでもおなじみの焼きトウモロコシ。 台湾でもぜひ。

日本の屋台グルメでもおなじみの焼きトウモロコシ。

台湾でもぜひ。

クレープ(可麗餅)

デザートにマンゴーかき氷もいいですが、たまにはクレープもいかがですか? 日本人がイメージするクレープとは違い、皮がパリパリと硬い台湾のクレープ。 デザートだけど量が多いので、食後に一人で食べるのは大変かも。

デザートにマンゴーかき氷もいいですが、たまにはクレープもいかがですか?

日本人がイメージするクレープとは違い、皮がパリパリと硬い台湾のクレープ。

デザートだけど量が多いので、食後に一人で食べるのは大変かも。

広い通路

寧夏夜市は、饒河街夜市と同じく、道の真ん中に屋台があり、その両側が通路となっています。

饒河街夜市の通路は、とても狭いのですが、寧夏夜市の通路は、比較的広いです。

ベビーカー2台が並走できそうです。

寧夏夜市は、饒河街夜市と同じく、道の真ん中に屋台があり、その両側が通路となっています。  饒河街夜市の通路は、とても狭いのですが、寧夏夜市の通路は、比較的広いです。  ベビーカー2台が並走できそうです。

寧夏夜市の広い通路

トイレについて

トイレに行きたくなった方は、鬍鬚張美食文化館(ひげちょうるうろうはん)の2階にトイレがありますので、そこへ行くといいでしょう。

こちらのトイレは、「友善トイレ」として、寧夏夜市の利用客へ開放されています。

お店側は、台北市からトイレ開放に対する補助金を受け取っているので、トイレのみの利用でもOKです。

寧夏夜市

住所:台北市大同區寧夏路

アクセス:MRT淡水信義線双連駅もしくは中山駅から徒歩約10分

営業時間:お店により異なる。17:00-00:00頃の営業が多い。

寧夏路夜市  
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

【おすすめ記事】

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!