【宮本美代子】台湾人がよく使う台湾語まとめ【水水】

台湾人と中国語で話すとき、知っているともっと会話を楽しめるのが台湾語

たまに台湾で日常的に話されている中国語を「台湾語」と言う人がいますが、それは台湾語ではありません。

「中国語」と「台湾語」の違いが分からない人は、まずそれを理解してからこの記事を読んで下さい。

台湾語は現在、年配の方か、台湾南部でよく使われています。

台北では生活の中で台湾語を耳にする機会が少なく、台北の若者は台湾語が出来ない人も多いそうです。

それでも、台湾人が話す中国語には、少なからず台湾語の影響があります。

台湾のテレビを見ていても、台湾人と会話やチャットをしていても、時折台湾語が出てきますよ。

この記事では、覚えておくともっと台湾を楽しめる、よく使われる台湾語を紹介します。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾でよく使われる台湾語

※台湾語には文字がないため、漢字は台湾語の音に近い漢字を当てたもの。そのため他の漢字を使っている事もあります。

※台湾語の発音をカタカナで表記していますが、カタカナ発音では通じません。参考程度です。

発音漢字意味
リーホ―汝好こんにちは
パイセー歹勢ごめんね
ドゥオーシャー多蝦ありがとう
ウィーシャーミー為蝦米為什麼(なぜ?)
日常的に、「什麼」の意味で「蝦米」を使ってもOK
シュイ(女性が)美しい
「水水」「水啦!」と使うと台湾人ぽい。
ラインスタンプとかでもよく使われています。
アゥクー奧客クレーマー
宮本美代子暇で何もやる事がない

まとめ

「宮本美代子」は台湾通の間ではもう有名ですよね。

自然にこの字になったのか、日本語のできる台湾人が使い始めて浸透していったのか、どちらなんでしょうね。

台湾人とのチャットでこれらの単語を使うと、より台湾人ぽい会話が楽しめますよ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる