この記事をシェアする

「陶朱隠園」は台北の超高級億ションで部屋の中に車を置けるらしい

この記事をシェアする

スポンサーリンク

「陶朱隠園」は台北の超高級億ションで部屋の中に車を置けるらしい

米CNNはこのほど、2016年に都市の顔となることが期待される世界の新ランドマークTOP9を発表。

そのランキングで台湾から選ばれた、「陶朱隠園」(タオヂュインユェン)という超高級マンションを紹介します。

このマンションは、台北市信義区に現在建設中です。

このマンションの特徴は、らせん状にねじれた外観。

DNAをイメージしてデザインされたそうです。

また、「1フロア2戸」で、真ん中に「車がそのまま乗れるエレベーター」があるため、部屋は完全に他の部屋と区切られているとの事。

エレベーターで自分の車を自分の部屋の中まで運ぶことができ、救急車も自分の部屋の中まで呼ぶことができるとか・・・。

1戸の販売価格は約74億円とケタ違い。

鴻海の社長・郭台銘(テリー・ゴウ)氏も、このマンションの「1フロア」(つまり、左右の部屋両方)を買ったそうですよ。

それでは「陶朱隠園」がどんな建物なのか見てみましょう。

スポンサーリンク

陶朱隠園(TAO ZHU GARDEN)

陶朱隠園は、高さ93.2mの超高級分譲タワーマンション。

建設は、101ビルも手掛けた日本の熊谷組と、台湾現地法人。

完成予定は2017年の年末だそうです。

陶朱隠園(TAO ZHU GARDEN) 部屋の中に車を置ける

部屋の中に車を置けます/http://ldope.com/

まとめ

住民カーストがすごそう。

最上階以外に住んだら疲れちゃいますね・・・。

<参照元>

CNN:The 9 new buildings set to define cities in 2016

熊谷組:台北にそびえたつ二重螺旋の超高層芸術住宅「陶朱隠園」を受注

スポンサーリンク

この記事をシェアする

【こちらの記事もどうぞ】
SNSのFOLLOW

SNSのFollow↓↓