この記事をシェアする

舊振南のパイナップルケーキを食べてみた。味は良いけど、パッケージが・・・

この記事をシェアする


舊振南のパイナップルケーキを食べてみた。味は良いけど、パッケージが・・・

日本での知名度はそれほど高くないかもしれませんが、台湾では人気のパイナップルケーキメーカー・舊振南

創業130年を迎える老舗です。

本店は高雄ですが、台湾各地に支店があります。

今回、舊振南のパイナップルケーキを購入したので紹介します。


アクセス

舊振南は、台北の新光三越南西店(中山駅)のテナントとして入っています。

台湾では、消費税免税制度があり、同日同店舗で2,000元以上買い物すると、その金額に含まれている消費税額が還付されます。

“同店舗”というのは、”新光三越南西店内”でOK。”一つのテナントで2,000元”ではありません。

ですから、その百貨店内で買い回りできるので、テナントとして入っていると、便利ですね。

販売商品

主な商品は下記の通り。

  • パイナップルケーキ6個入/260元
  • パイナップルケーキ9個入/390元
  • パイナップルケーキ12個入/510元

他にもありますが、たぶん皆さん買わないので、紹介しません。

舊振南のパイナップルケーキを食べてみた

賞味期限

賞味期限:?日間
個包装への賞味期限の記載:あり

私は7月18日に購入して、賞味期限は9月4日でした。約7週間ですね。

製造日は記載されていないので、不明。

また、「賞味期限は〇日間」という記載もないので、外箱のシールの賞味期限の日付を見るしかないですね。

個包装は密封されています。

舊振南 パイナップルケーキ 賞味期限

カロリーと箱の重さ

1個の重さ:35g
1個のカロリー:167kcal
1箱の重さ:210g(6個入の場合)

成分について

舊振南 パイナップルケーキ 成分表示

舊振南のパイナップルケーキは、

  • 卵、牛乳、小麦が含まれています
  • ピーナッツ、ナッツ、えび、ごま、大豆を使用した製品の製造工場と同じ工場で製造しています
  • 防腐剤無添加
  • 常温保存可(もちろん、早めに食べて下さいね)

舊振南 パイナップルケーキ

餡も生地もしっとりしています。

しっとり生地が好きな人にオススメ。

また、食べやすいちょうど良い大きさ。

パッケージの美しさで有名な某ホテルのパイナップルケーキよりも美味しかったです~。

舊振南へちょっと一言

外箱は紫、個包装は金ピカの箱というのが舊振南の特徴。

しかしこのパッケージ、時代に合っていないかもしれませんね~。

  • 個包装のフィルムの成分表示が金色の文字なので、読みにくい
  • 密封フィルムで包まれたパイナップルケーキが、金ピカの箱に入っている(エコじゃないね)

個包装の成分表示が読めないのでは、食物アレルギーがある人は困りますね。

せっかく記載するのですから、もっと読みやすいように記載してくれればいいのにな。

舊振南 パイナップルケーキ  個包装の成分表示。金色の文字なので、読みにくい・・・

個包装の成分表示。金色の文字なので、読みにくい・・・

あと、高級菓子メーカーでありがちなのが、「密封フィルムで包んで、それを個包装の箱に入れている」タイプ。

台湾人はよく「日本は過剰包装!エコじゃない!」と言いますが、台湾も結構過剰包装ですよね~。

密封フィルムで包んであるのですから、それだけで良いと思います。

密封されていないお菓子を人にあげる訳にはいきませんから。

(個包装の紙箱に直接パイナップルケーキを入れてくれ、という話ではありません。また、「フィルムはプラスチックだからー」と言う方がいるかもしれませんが、それなら紙製の袋で密封すればいいのです)

まとめ

舊振南のパイナップルケーキは、空港の免税店で買う事もできます。

むしろ免税店で買った方が安いので、旅行者の方は免税店で買う方がいいかも。

店名:舊振南 新光三越南西店

住所:台北市中山區南京西路12號B2

営業時間:11:00-21:30(金~日は22:00)

台北市中山區南京西路12號
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!