この記事をシェアする

台北の金品茶樓で小籠包を食べてみた

この記事をシェアする


台北の金品茶樓で小籠包を食べてみた

台北中山エリアにある小籠包店「金品茶樓(KING PING TEA RESTAURANT)。

清潔で広々とした明るい店内で、女性一人でも安心して利用できます。

日本向けに宣伝している事もあり、日本人対応もばっちりです。


アクセス

金品茶樓は、台北MRT中山駅3番出口から徒歩7分。

林森北路と交差している長春路沿いにあります。

この長春路には、他にも有名な小籠包屋さんやお茶屋さんがあるので、食事とお土産購入とを一緒にできますね。

待ち時間について

平日夜6時頃に行きましたが、スタッフさんから「こちらでお待ち下さい」と言われ、5分程、店内の待合席で待ちました。

テーブルは2~3空いている(且つ片付いている)ようでしたが、もしかしたら、厨房のオーダーがいっぱいいっぱいでストップをかけているとか、今回一人で行ったので、二人席が空くまで待たされたとか(結局は4人席に案内されましたが)、何か理由があったのかもしれません。

待つように言われたら、一度素直に待ちましょう。

「席空いてるやん!」と言うのはマナー違反です。

お店側にも、「すぐに案内できない事情」があるのです。

店内

厨房がガラス張りなので、小籠包を作っているところを見る事ができるのが楽しいですね。

金品茶樓 店内

台湾の小籠包屋さんでは、真夏でも温かいお茶が出てきます。

金品茶樓 食器セット

金品茶樓の小籠包

8個入り160元。

金品茶樓 小籠包

お酢3:醬油1でタレを調合するのがお店のオススメらしいです。

場所柄、こういう事も・・・

この金品茶樓、台北の日本人向け飲み屋街で有名な林森北路の近くにあります。

そのためか、台湾人キャバ嬢と日本人のおっさんという、おそらく「同伴出勤前」の人達が食事に来ている事があります。

私が金品茶樓を訪れたのは、平日夜6時頃だったのですが、明らかにそういう人達がいましたね。

私のテーブルの左側には、小学生を連れた日本人旅行者家族。右側には同伴出勤前というカオス!

まとめ

店内がカオス状態の事もありますが、小籠包はとても美味しかったです。

自分の中で、台北の美味しい小籠包屋の上位には来てますね~。

店名:金品茶樓(KING PING TEA RESTAURANT)

住所:台北市中山區長春路16號(中山駅3番出口から徒歩7分)

営業時間:11:00-14:00、17:00-21:00

クレジットカード:可

台北市中山區長春路16號
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!