合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

台湾観光協会のHPにて、2014年8月まで募集が行われていた、日台同名32駅と同じ名前の方いらっしゃい観光プロモーション「駅長体験付台湾旅行ご招待企画」。当選されたみなさんが、2014年11月24日~27日に台湾に招待されました。

これは板橋、岡山、松山など日台の同名駅と同じ名前の方を台湾に招待するというもの。台湾でも人気の演歌歌手、小林幸子さんを団長に迎え、台北市で任命式が行われた後、団員はそれぞれの駅に向かいました。現地では1日駅長体験やご当地グルメを楽しんだそう。

  • 合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

    写真/nownews

  • 合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

    写真/東森新聞

合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

台湾観光協会

合計32個!日本と台湾の鉄道同名駅まとめ

同名駅の台湾の位置/交通部臺灣鐵路管理局

関山さん(78歳・男性)は「台東の関山はとてもいいところなので、日本に帰って友人にぜひ紹介したい」、珍しいゆえ応募者が一人だけだったという日南さん(九州・男性)は「25年ぶりに台湾を訪れた。台湾の人はとても優しい」、板橋さん(女性)は「東京の板橋駅はとても小さな駅ですが、台湾の板橋駅はとても大きくてきれい」など、とても楽しんだ様子。

日台間では台湾・平渓線と江ノ電、阿里山森林鉄路と黒部峡谷鉄道、台北松山駅と愛媛県の松山駅、集集線と千葉県・いすみ鉄道の提携・姉妹関係がそれぞれ結ばれており、交流が深まっています。

今回ご紹介したのは「日台同名の駅」。駅名だけでなく、日台間には「三重」など同じ名前の地名もたくさんあるので、もしかしたら自分と同じ名前の駅や地名が台湾にあるかもしれませんね。

Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
Sponsored Links
【あわせて読みたい】