【小緑人は転ぶ】台北人も知らない?台北の秘密10選!

【小緑人は転ぶ】台北人も知らない?台北の秘密10選!

天龍國」と呼ばれている台湾最大の都市・台北市。

「台北の事は知り尽くした」と思っているみなさんへ、あなたが知らない台北の都市伝説を紹介します。

生粋の台北人も知らないかもしれないこの秘密、全て知っていたらあなたは真の台北マニアです。

 

1.台北のタクシーの数は30,000台

台湾全土で合計80,000台のタクシーがあり、台北市に登録されているのは30,000台。

北京、上海よりは少ないけれど、ニューヨーク、ロンドン、香港、東京よりも多いんです。

 

2.台北駅のネオンが壊れていたら事故が起こる

台北駅の屋根の上にあるネオンが点いているか、駅職員が毎日チェックしています。

なぜなら、ネオンが壊れていると事故が起こるという都市伝説があるからです。

 

3.台北市長になると台湾総統になれる

台北市長はこれまでに27名おり、そのうち国民党員が19名。

国民の選挙により選ばれた歴代4名の台湾総統のうち、3名が台北市長を経験しています。(李登輝・陳水扁・馬英九)

 

4.グランドハイアットは幽霊が出る?

台北市信義区にある高級ホテル・グランドハイアット台北。

幽霊が出るとの噂があり、「世界10大心霊ホテル」にアジアで唯一選ばれたほど。

なぜその噂があったかというと、このホテルがある場所は、日本統治時代に日本軍の処刑場だったから。

しかし、台北101ビルが建った後には、噂はなくなったそうです。

台北101ビルの形が「九節打神鞭」(仏具)に似ているため、信義区に彷徨っていた霊魂が鎮められたとか・・・。

 

5.台北のバスは一路線で年3億元稼ぐ

307番バスは「一度に5台来る」と言われるほど車両が多い路線。

この路線だけで年に3億元以上収入があるそうです。

逆に最も稼いでいない路線では年8,000元程度とのこと。

307番バスはMRT南京三民駅~台北駅~中和区~板橋区を走っています。

 

6.天母はなぜ天母と書くのか?

「天龍國の中の天龍國」と呼ばれる、台北の高級住宅街・天母。

日本統治時代に、日本人が「天照大神」と「媽祖」の神社を建設し、その神社を「天媽」と呼んでおり、それが「天母」となったそうです。

 

7.小緑人は転ぶことがある

1999年に世界で初めて松智路と松壽路(ATT4FUNと世貿三館)の交差点に登場した小緑人。

台湾の信号機は、青のときに緑の人形が歩くんですよね。その緑の人形を「小緑人」と言います。

この小緑人は2万歩に達すると転ぶらしいです!

新たな一歩を小緑人と一緒に踏み出しましょう。

 

8.草山を陽明山に改名

総統であった蒋中正が、当時「草山」と呼ばれていた陽明山に住居を移したのですが、中国語には「落草為寇(盗賊になる)」という言葉があるため、草山ではなく「陽明山」と呼ぶようになったそうです。

 

9.台北市で最も長い赤信号は・・・

台北市には計2519個の信号機があります。

その中で、最も赤信号が長いのは、故宮博物院にも近い中影文化城前⇔ファミマの信号で、3分50秒。

カップ麺が出来上がるよりも長い!

 

10.台北101は曜日によって色が違う

これは知ってる人も多いと思いますが、台北101は曜日によってライトアップの色が違います。

月~日まで、それぞれ「赤、オレンジ、黄色、緑、水色、青、紫」となっています。

この「青」、中国語では「靛」と書きます。

 

いかがでしたか?知らない台北がありましたか?

台北在住者との会話のネタに、覚えておくとおもしろいかも。

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報をフォロー】
Instagram
Sponsored Links
【あわせて読みたい】