この記事をシェア!

部屋の中に車を置ける台北の超高級億ション陶朱隠園と台北芸術センターがCNNが選ぶ2016年の新ランドマークに!

この記事をシェア!

部屋の中に車を置ける台北の超高級億ション陶朱隠園と台北芸術センターがCNNが選ぶ2016年の新ランドマークに!

米CNNはこのほど、2016年に都市の顔となることが期待される世界の新ランドマークTOP9を発表。

台湾からは台北市信義区に建設中の超高級高層マンション「陶朱隠園」(タオヂュインユェン)と、MRT剣潭駅の向かいに建設中の「台北芸術センター」の2つが選ばれました。

それではどんな建物なのか見てみましょう。

スポンサーリンク

陶朱隠園(TAO ZHU GARDEN)

陶朱隠園は、台北市信義区のホテル「亜太會館(アゴラガーデン)」の跡地に建てられる、高さ93.2mの超高級分譲タワーマンション。

建物全体がねじれたように見える独創的な二重螺旋は、ベルギー国籍でフランス在住のデザイナー、ヴィンセント・カレボー氏がDNAをイメージしてデザインしました。

建設は台北101ビルも手掛けた日本の熊谷組と台湾現地法人。

完成予定は2017年の年末だそうです。

1戸の販売価格は約74億円とケタ違い。

エレベーターで自分の車を自分の部屋の中まで運ぶことができ、救急車も自分の部屋の中まで呼ぶことができるとか・・・。

超高級車じゃないとキマらないですよね・・・。

まぁこういうマンション買える人はランボルギーニぐらい買えるんでしょうねぇ。

陶朱隠園(TAO ZHU GARDEN)

部屋の中に車を置けます/http://ldope.com/

住民カーストがすごそう。

最上階以外に住んだら疲れちゃいますね・・・。

こちらのマンション、鴻海の会長さんが購入予定だそうですよ。

台北芸術センター

MRT剣潭駅向かい側に建設中の台北芸術センター(台北パフォーミングアーツセンター)は、世界的な建築設計事務所OMAのレム・コールハース氏とデビッド・ジアノッテン氏が設計。

3つの球体が半分四角い建物に陥没するような形で浮かび、インターネットでは親しみを込め「ピータン豆腐」などと呼ばれています。

完成予定は2016年。

台北藝術中心台北芸術センター(台北パフォーミングアーツセンター)

写真/CNN

台北藝術中心台北芸術センター(台北パフォーミングアーツセンター)

写真/中央社

台湾、結構バブリーですねぇ。

<参照元>

CNN:The 9 new buildings set to define cities in 2016

熊谷組:台北にそびえたつ二重螺旋の超高層芸術住宅「陶朱隠園」を受注

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!