この記事をシェア!

台湾の小学校で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

この記事をシェア!

台湾の小学校で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

少し前に、中国の先生が学生に罰として総画数56画の漢字「biáng(タイトル写真の字)」を1000回書かせたとしてネットを騒がせました。

この字は中国の陝西省の方言から発展した字で、「biáng biáng 麵」という陝西省の伝統料理の名前に使われている字。

56画といわれていますが、別の書き方をすれば71画になるとか・・・。

biang biang 麵

写真/wikipedia

これにより漢字に興味を持ったネット民が、繁体字を使う台湾、簡体字を使う中国、そして日本の小学生はどのくらいの漢字を学習するのかをまとめていたので紹介します。

スポンサーリンク

台湾の小学生が6年間で習う漢字

台湾の小学生:一年生508字、二年生716字、三年生632字、四年生558字、五年生412字、六年生174字、合計3000字。(ちなみに香港も同じ)

小學中文常用字表」によるデータだそうです。

(クリックで拡大表示)

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

写真の出典:栃木那須のネタ帳!

中国の小学生が6年間で習う漢字

中国の小学生:一年生700字、二年生1254字、三年生1001字、四年生727字、五年生637字、六年生399字、合計4718字。

小學到高中常用漢字生字表」によるデータ、こちらで四年生以上で習う漢字も見れます。

(クリックで拡大表示)

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

写真の出典:百度文庫

日本の小学生が6年間で習う漢字

日本の小学生:一年生80字、二年生160字、三年生200字、四年生200字、五年生185字、六年生181字、合計1006字。

日本の漢字がめんどくさいのは、音読みと訓読みがあること。しかもまったく読み方が違う。

中国語では基本的にひとつの漢字には読み方ひとつ、なんですよね。

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】 台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】 台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

台湾の小学生が6年間で学ぶ漢字は3000字!中国より1718字も少ないぞ!【日台中一覧付】

写真の出典:小学校で習う漢字 教育漢字一覧

ただし、2008年に師範大学教育心理学部が発表した「一到九年級學生國字識字量發展(小学校一年生から中学校三年生までの学生の識字量について)」によると、台湾の小学校六年生の平均識字量は約3300字だそうです。

上記の数字はあくまで教科書で習う漢字の数で、実際にはもっとたくさんの字を知っているようです。

また、1994年のとある研究では、台湾で成人が日常生活を送る上で必要な漢字は2328字、大学生の平均識字量は約5150字だそうです。

まとめ

日本人ならすぐに繁体字を覚えられますが、日本人以外の外国人が漢字を覚えるのは大変だよなぁ・・・と語学学校時代に思っていました。

中国語は漢字1字にいろいろな意味がありたくさんの用法があるものの、その分覚える単語数は少なくて済み、日本語のように動詞や形容詞の活用もなく文法がきっちりしているので、発音さえなんとかなれば、日本人にとっては覚えやすい言語のひとつです。

中国語を勉強中のみなさん、一緒に頑張りましょう!

参照元:台灣小學生6年學多少字?比中國小學生少一千

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています