台湾旅行で役立つ風呂敷活用法6選!エコバッグにも盗難防止にもなるよ!

スポンサーリンク

台湾旅行で役立つ風呂敷活用法6選!エコバッグにも盗難防止にもなるよ!

日本の伝統文化「風呂敷」(ふろしき/Furoshiki)。

風呂敷とは、「物を包み、持ち運んだり収納したりするための、ほぼ正方形の布」の事です。

「風呂敷ってwww年寄りかよwww」と思ったあなた!

まだまだ旅慣れていませんね。

旅慣れた日本人なら、風呂敷の便利さを知っています。

今回は、風呂敷の旅行で役立つ活用法をまとめました。

近年は、エコとして風呂敷の価値が見直されています。

最近は、地味な風呂敷だけではなく、可愛いオシャレな風呂敷がたくさんあるんですよ。

風呂敷ではなく、大判のスカーフでも代用できます。

スポンサーリンク

旅行で役立つ風呂敷活用法6選

1.パッキングに使う

「旅行の荷造り」の事を、最近は「パッキング」(packing)と言うんですね。

風呂敷を使えば、中身が見えないので安心。

パッキングでは、「荷物を仕分けケースやポーチなどに大まかにまとめる」事が重要。

まとめておくと、スーツケースの中で移動してバラバラになる事もありません。

無駄なスペースがなくなる

パッキング用の仕分けケースもありますが、それだと、「洋服をケースに合わせる」事になりますね。

風呂敷を使えば、「ケース(風呂敷)を洋服に合わせる」事ができます。

つまり、シワにならないところで洋服を折る事ができるんです!

また、スーツケースの空きスペースに合わせて包む事もできます。

スーツケース内の無駄なスペースがなくなります。

1日目、2日目、3日目・・・と分ける事ができる

パッキングの際、衣服を「下着」「トップス」「ボトムス」と種類ごとに分けがちですよね。

それを日ごとに分けると、よりラクですよ。

1日目はコレ、2日目はコレ、と風呂敷を使って分けましょう。

その日が終われば、ざっと風呂敷に包んでスーツケースに。

そうすれば、帰りのパッキングも時間がかかりません。

2.エコバッグとして使う

風呂敷の端を結ぶだけで、バッグができますよ。

肩にかけられる「しずくバッグ」や、手に持てる「手持ちバッグ」「レジ袋代わり」にできます。

風呂敷の結び方・包み方 レジ袋の代わりにピッタリ

旅行中、ついついお土産を買いすぎてしまい、手持ちのかばんに入りきらなくなる事も。

そんな時、風呂敷があれば、即席バッグの出来上がり。

パッキングに使った風呂敷を、旅行中はエコバッグとして使うと、一石二鳥。

また、台湾花布を使うと、可愛いバッグの出来上がり。

台湾では布を1ヤード単位(約90㎝四方単位)で販売しているので、大きさもちょうどいいです。

迪化街で台湾花布を買って、風呂敷代わりに使いましょう。

風呂敷とは本来、柔らかい布(ちりめん)ですね。

しかし、エコバッグとして使う事が主目的なら、普通の布でも大丈夫。

むしろ、普通の布だと少し厚手なので、しっかりした丈夫なエコバッグとして使えます。

洗う事もできますし、エコ&清潔ですね。

3.ペットボトルホルダーとして使う

風呂敷がペットボトルホルダーになるなんて、意外でしょ?

工夫すれば、タピオカミルクティーのカップも包めそう。

【風呂敷の活用術】「ペットボトル包み」の包み方

台湾では、ドリンクスタンドでもレジ袋は有料。

レジ袋の代わりに、風呂敷で持ち運びましょう。

4.ひざ掛けとして使う

夏でも冬でも、冷房をガンガン効かせている台湾。

ちょっと寒いなと思った時、風呂敷をひざ掛けに。

ひざの上に布を1枚かけておくだけで、温かくなりますよ。

5.撥水加工の風呂敷で雨除けに

最近は、水をはじく撥水加工がされた風呂敷もあります。

その風呂敷で、かばんを包めば、雨の日でも大丈夫。

雨が多い台北では、活躍する事間違いなし。

6.スーツケースに結んで盗難防止

風呂敷の端をスーツケースのバー部分に結ぶと、盗難防止&落下防止に。

お土産の紙袋の取っ手の部分と、スーツケースのバー部分を、風呂敷で結んでもOK。

また、機内持ち込み手荷物で比較的軽い物を風呂敷に包んでおくと便利ですよ。

頭上の棚に入れる時に楽に入れられますし、下ろす時にも中の物が落ちてくる心配もありません。

風呂敷のサイズ

風呂敷のサイズというのは、大・中・小、それぞれでだいたい決まっています。

  • :約90㎝四方。バッグとして使うのに最適。
  • :約70㎝四方。菓子折りを包むのに最適。
  • :約45㎝四方。お弁当箱を包むのに最適。

旅行で使うなら、大か中がちょうどいいと思います。

まとめ

「私はエコのためにいろいろ考えてるのよ~」と言う方は、旅行でも日常生活でも、風呂敷を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
\Follow/

SNSのFollow↓↓

 

【こちらの記事もどうぞ】