台湾人「ワイ、肉圓(バーワン)のおいしさがわからない」

\Share/

スポンサーリンク

台湾人「ワイ、肉圓(バーワン)のおいしさがわからない」

台湾の有名B級グルメ・肉圓(バーワン)

九份の名物グルメとなっており、「あのジブリアニメにも出てきた?」と言われている、プニプニ半透明のアレです。

バーワンとは、豚肉・しいたけ・筍などで作った餡を、サツマイモ粉や片栗粉などから作られた皮で包み、油で揚げるか蒸し、タレとパクチーをかけたもの。

そして、バーワンという発音は台湾語からきています。

肉圓の中国語読みではありません。

「バ」にアクセントを置いて、カタカナ発音で「バァヮン」と言えば、なんとなく伝わります。

観光客には人気のバーワンですが、台湾のネット民がこんな意見を発表していたので紹介します。

台湾ネット民「バーワン食べる時、毎回思うことがある。あれって、餡と皮がすぐ分かれない?いつも餡と皮を別々に食べてる。餡を包んでる意味あんの?餡と皮の味もマッチしているとは思えない。結局タレの味を楽しんでるだけ。バーワンのどこがおいしいの?」

スポンサーリンク

台湾ネット民の反応

「揚げバーワン>>>蒸しバーワン」

「残った餡はスープに入れるとおいしいよ。屏東肉圓は美味い」


(蒸しバーワンの代表格・屏東肉圓。屏東では残った餡とタレをスープに入れて食べるのが一般的らしい)

「餡と皮を別々に食べておいしいのが、おいしいバーワン」

「お前の食べ方に問題があるんだろ」

「皮が薄いバーワンが真のバーワンだよ。いまのバーワンは皮が厚くてゴム食べてるみたい」

「彰化北門口がおいしい」

彰化最好吃的肉圓「北門口肉圓」 #北門口肉圓 #一日彰化遊

王建揚 Wang Chienyangさん(@wangchienyang_artist)が投稿した写真 –


(揚げバーワンの代表格・彰化北門口肉圓)

「タレが本体なんだよ」

「俺は揚げたバーワンしか認めない」

「一度蒸したものを食べたら、揚げたものは食べられないよ」

「蒸したものって、モチモチしすぎて、いつ飲み込めばいいのかわからない」

「バーワンにもいろんな種類があるから」

「彰化のバーワンって、昔ほどのおいしさがなくなったよなぁ」

「俺もバーワンあまり好きじゃない」

「ワイ、肉圓(バーワン)のおいしくないところがわからない」

揚げバーワン派と蒸しバーワン派がいるようですね。

中華圏では、「食事のときにはスープも飲む」というのが一般的。

ですから、バーワンを売っているお店で、スープも売っている事が多いと思います。

スープも一緒に頼み、残った餡とタレをスープに入れて食べると、また違った味を楽しめそうですね。

千と千尋に出てきた?!

『千と千尋の神隠し』でお父さんが食べて豚になってしまった、あのプニプニの食べ物。

ネットではあれはバーワンだと言われていますね。

しかし、ジブリは「千と千尋で九份は参考にしていない」と正式に発表しています。

宮崎駿氏も言っていますが、「似た場所は世界中のどこにでもある」んです。

(下の動画の3:20以降の宮崎駿氏の発言に注目)

【FOCUS新聞】TVBS專訪宮崎駿 72歲不老頑童

かといって「九份が千と千尋を真似た」訳ではありません。

九份は千と千尋が誕生する前から観光地として栄えていますし、あのお茶屋さんも千と千尋が誕生する前からあります。

(千と千尋が話題になった後、九份全体がそれに乗っかってるのは事実ですが)

それを踏まえた上で、「バーワンっぽい」「九份は千と千尋の世界に似ているね」と思って楽しめばいいのではないでしょうか。

ちなみに、ご飯お茶碗1杯分約220kcalに対し、揚げバーワン1個約490kcalとのことなので、バーワンを食べるとブタになる事は間違いなし。

参照元:[問卦] 肉圓到底哪裡好吃?

【おすすめ記事】

\Share/

\Follow/

SNSのFollow↓↓