※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

【台北】饒河街夜市のおすすめグルメ4選!孤独のグルメにも登場したよ

【台北】饒河街夜市 門

2024年3月、内容を更新しました。

台北市松山区にある饒河街夜市(ラオフージエ夜市)。

『孤独のグルメ 2023大晦日SP』にも登場したグルメ屋台があります。

その屋台を含めて、おすすめグルメを紹介します。

目次(タップで飛べます)

饒河街夜市のおすすめグルメ4選

1.福州世祖 胡椒餅

1個60元

有名な胡椒餅店がこちら。

餅と付いていますが、実際にはサクサクのパンみたいな生地。

行列でもすぐ順番が回ってくるので、並んででも食べる価値アリ!

管理人

私、この胡椒餅が台湾B級グルメの中で一番好き

2.焼きエリンギ

代金は100元。エリンギ2本入り。

近年、屋台グルメとして人気の焼きエリンギ。

とても美味しかったです!

でも、エリンギ2本をひとりで食べるのはキツかった~(笑)

複数人で行った時にはオススメ。

3.トマト飴(タンフールー)

1本45元

日本にも浸透してきたタンフールー。

この写真はイチゴではなくプチトマト。

台湾ではプチトマトはフルーツなんです。

4.米粉湯(孤独のグルメに登場)

35元(小)
乾拌麺も美味しそう

五郎さんが食べていた米粉湯(ミーフェンタン)

太めのビーフンです。

湯とはスープのこと。

米粉湯は薄味なので、テーブルにある調味料をお好みでかけましょう。

週末は一方通行で

通路は意外と狭い

饒河街夜市(ラオフージエ夜市)には、一方通行というルールはありません。

後戻りもできるし、途中で反対側の通路へ行けます。

しかし、週末は人が多すぎて自然と一方通行のようになっています。

週末は人の流れに沿って歩きましょう。

みんな胡椒餅を買ってから中に入るので、自然と一方通行みたいになるんですよね~。

まとめ

割り箸・スプーン・つまようじ・紙皿などは持参してOK。

むしろ持参した方がいいですね、屋台側が人数分の割り箸を客に渡すとコストがかかるので。

夜市の通路に何か所かゴミ箱があるので、使い終わったらそこへ捨てましょう。

饒河街夜市(ラオフージエ夜市)
住所台北市松山区饒河街
営業時間17:00-00:00
(お店により異なる)

日台合作映画『青春18×2 君へと続く道』が【500円】で観れる!

この記事をシェアしてみんなに教えよう!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(タップで飛べます)