タバコを吸える場所、意外と多い!台湾の喫煙ルールまとめ

タバコを吸える場所がない!台湾の喫煙ルールまとめ

2020年10月、内容を更新しました

日本人女性

台湾は禁煙対策が素晴らしいから、安心して旅行できるね。

ちょっと待った!

本当にそうでしょうか?

非喫煙者の方はそう思うかもしれません。

日本人男性

僕は喫煙者。
台湾では、屋外で立ち止まってタバコを吸うのはOKだから、喫煙場所に全然困らなかった。
日本より気楽に吸えた。

喫煙者は、このように思っている人が多いようです。

結論から言えば、

飲食店の中など、屋内では日本よりも厳しい。
しかし、屋外
(屋根のない所)では日本よりユルユル。
屋外で、立ち止まっていれば、タバコを吸える場所は多い。

そのため、それほど気構える必要はないと思います。

台湾では「3人以上集まる屋内では禁煙」という法律があるので、屋内では完全にタバコを吸えないと思っていて下さい。

「分煙」という概念はほぼなく、「禁煙」か「喫煙可能」かどちらかです。

屋外であっても、コンビニの前など一部のエリアは禁煙となっています。

以下の本文で、詳しい「禁煙場所」を紹介します。

特に台北市は禁煙場所が多いので、要注意です。

逆に言えば、「禁煙場所以外は喫煙可能」なんですよね。

禁煙場所が分かれば、喫煙できる場所も分かります。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の禁煙場所

台湾に「タバコ煙害防止法」(菸害防制法)という法律があります。

「タバコ煙害防止法」に定められた禁煙場所の、観光客に関係ありそうなところを抜粋しました。

全面禁煙

  • 高校以下の学校
  • 博物館の屋内スペース
  • 公共交通機関、タクシー、観光バス、地下鉄、駅
  • コンサートホール
  • ホテル、ショッピングセンター、飲食店等の屋内スペース

飲食店の屋内スペースは禁煙。

しかし、オープンテラス席であれば、タバコを吸える場合があります。

お店の人に確認してみてください。

喫煙可能エリアを除き禁煙

  • 高等教育機関、博物館などの文化・社会教育機関の屋外スペース
  • 屋外のスタジアムの屋外スペース
  • 国立公園・特定風景区などの公園緑地

喫煙可能エリアが設置されていない場合は、全面禁煙です。

「〇〇自然公園」のような場所では、屋外であっても禁煙の場合があります。

新幹線と地下鉄では

台湾新幹線(高鐵)は、全面禁煙です。

台湾新幹線には、喫煙可能車両はありませんし、喫煙ルームもありません。

台湾の地下鉄に至っては、禁煙そして飲食禁止です。

観光地では

ガイド付きのツアーに参加する方も多いと思います。

その場合、どこでタバコを吸えるのかを、その都度ガイドさんに確認しましょう。

有名な観光地・観光施設では、総合案内に日本語ができるスタッフがいる場合が多いです。

ガイド付きのツアーではない場合、そのスタッフに確認してみましょう。

ホテルでは

  • 1階の玄関から建物の外に出て吸う(そこが喫煙可能エリアの場合)
  • 客室のベランダで吸う
  • ホテルの建物内の喫煙所で吸う
  • ホテルの建物内にある屋外テラスで吸う

のいずれかですね。

客室内は禁煙です。

喫煙可能なホテルについては、下記の記事もご覧下さい。

台北市の禁煙エリア

台北市は特に喫煙に対して厳しいです。

旅行者の方は、禁煙エリアでうっかり喫煙しないようにお気を付け下さい。

学校周辺の歩道

生徒が受動喫煙してしまう事を防ぐため、学校周辺の歩道は全面禁煙となっています。

夜市が学校近くにある場合、学校横の歩道でうっかり喫煙しないよう、お気を付け下さい。

101ビル周辺

簡単に言うと、「101ビル~新光三越~市政府駅のエリア」です。

この辺りは屋外でも禁煙です。

但し、この禁煙エリア内に、3カ所の喫煙所が設けられています。

台北MRT西門駅の1番出口と6番出口の周辺

「西門町へ行く=1番出口か6番出口から出る」ので、不特定多数の人に配慮しての事ですね。

斜線部分が禁煙エリア/台北市環境保護局
写真/台北市環境保護局
管理人

1番出口と6番出口の”周辺”のみ。
他の出口ではOKだし、西門町エリアの中に入ったらOKなのよね。

コンビニの前の”騎樓”(屋根の下)は禁煙

”騎樓”とは

台湾の建物は、店の前に屋根付きの歩道があります。

その屋根付きの歩道部分を”騎樓”と言います

実際に台湾へ行って、建物を見れば分かると思います。

騎樓
騎樓

”騎樓”が禁煙の場所

特定の”騎樓”のみが禁煙です。

  • 7-11、ファミマ、Hi-Life、OK、Simple Mart(これらはコンビニ・スーパー)
  • スタバ、85度C、路易莎、伯朗、丹堤、怡客、西雅圖、cama café、金鑛、彼得好(これらはカフェ)

とりあえず、「コンビニ・スタバ・カフェの前の”騎樓”は禁煙」と思っておけばいいでしょう。

コンビニの前に、机と椅子があり、飲食できるようになっていても、そこが”騎樓”なら禁煙です。

また、”騎樓”が禁煙なのであって、屋根のない道路脇なら喫煙OKです。

ですから、「コンビニの前の屋根の下から道路脇に出て、屋根のない所でタバコを吸う」のはOK

管理人

ホテルの前や銀行の前の”騎樓”は禁煙ではないって事よね。
ややこしいわね。

”騎樓”が禁煙の都市

上記の特定の”騎樓”が禁煙の都市がこちら。

  • 台北市
  • 新北市(九份)
  • 高雄市
  • 台中市
  • 基隆市

おそらく、今後追随する都市が多いと思います。

違反すると罰金です!

違反者は、罰金2,000元(約8千円)~10,000元(約4万円)を払わなければなりません。

「外国人なので知りませんでした」は、通用しません。

もしも違反を摘発された場合には、外国人でも罰金を支払わなければなりません。

電子タバコは持ち込み不可

「電子タバコ」は、台湾入国禁止物品に該当するとのことです。

ですから、台湾への電子タバコの持ち込みは禁止です。

機内持ち込み、受託手荷物として預け入れる事も不可。

台湾出国時は、機内持ち込み手荷物としてのみ、持ち込み可能。

まとめ

昔、管理人が販売の仕事をしていた時、禁煙の店内で煙草を吸うおバカクレーマーがいました。

この記事を読んだあなたは、「台湾の禁煙エリアで喫煙しないよう、台湾の喫煙ルールを確認しておこう」と思って読みましたよね?

あなたは、おバカクレーマーでも、ヤンキー中学生でもないはずです。

「台湾で煙草を吸うな!」とは、誰も言っていません。

日本人と台湾人、喫煙者と非喫煙者が気持ちよく過ごせるよう、ルールを守ってタバコを楽しみましょう。

Sponsored Link
タバコを吸える場所がない!台湾の喫煙ルールまとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる