この記事をシェアする

佳徳のパイナップルケーキは台北本店へ行かなくても〇〇で買える!

この記事をシェアする


佳徳のパイナップルケーキは台北本店へ行かなくても〇〇で買える!

台北の人気パイナップルケーキ店・佳德

地元の台湾人にも大人気で、毎日一日中行列ができています。

店舗は台北の南京東路にある本店のみ。

しかし、この佳徳のパイナップルケーキ、台北本店へ行かなくても買えるんですよ。


佳徳のパイナップルケーキを買えるところ

一部の7-11・台北市内の新光三越地下スーパー・カルフール桂林店

販売されているのは、「12個入りのパイナップルケーキ 原味(プレーン)」のみ。

佳德 佳徳がパイナップルケーキを卸している所

佳徳がパイナップルケーキを卸している所(2018年9月時点の情報)/佳徳

7-11で場所が分かりやすいところは、

  1. 東門店(永康街の高記の隣)
  2. 台北駅店
  3. 松錦店(行天宮駅3番出口から行天宮へ行く道沿い)
  4. 台北松山空港店

の4店舗ですね。

今回、私は新光三越南西店の地下スーパーで購入しました。

販売価格は429元でした。

地下スーパーでの購入でしたが、佳徳のビニール袋をつけてくれました。

JASONS

上記に加えて、百貨店の地下スーパー「JASONS」でも販売されているようです。

の2店舗にはありました。(2019年7月に確認済)

「12個入りのパイナップルケーキを1~2箱しか買わない」ような人は、本店へ行くのではなくて、これらの場所で買った方が早いです。

販売価格は多少上乗せされていますが、本店へ行って並んでいる時間を考えれば、時間を有効的に使えます。

佳徳のパイナップルケーキを食べてみた

賞味期限

賞味期限:製造日から40日間
個包装への賞味期限の記載:あり

私は7月18日に購入して、製造日は7月15日でした。

佳徳では、「賞味期限日」と「製造日」の両方を記載しています。

また、個包装は密封されています。

佳德 佳徳では、「賞味期限日」と「製造日」の両方を記載しています。  また、個包装は密封されています。

カロリーと箱の重さ

1個の重さ:45g
1個のカロリー:202.6kcal
1箱の重さ:約560g(12個入の場合)

成分について

佳德 成分

佳徳のパイナップルケーキは、

  • 卵、バター、ナッツ、小麦が含まれています
  • 防腐剤無添加
  • 常温保存可(もちろん、早めに食べて下さいね)

佳德 パイナップルケーキ

1個のサイズは比較的大きめ。

餡は、ねっちょり感が全くなく、固めのゼリーを細かく砕いたような感じ。

「パイナップルケーキのねっちょり感が嫌い」という方に向いているかも。

餡と生地、それぞれ美味しいのですが、それぞれの主張が強く、一体化はしていない感じですね。

まとめ

パイナップルケーキは温めて食べると美味しいです。

佳徳のを温めて食べようと思い、個包装の端を少し破ってレンジで温めたら、「ボン!」と音がしました・・・。

個包装の内側に、アルミホイルが使われているので、レンジ不可でした・・・。

やらかしました~・・・。

温める時は、お皿に出して温めてくださいね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!