この記事をシェア!

「中国語」の漢字、ちゃんと書けてる?「育」の上は「一」と「ム」だよ!

この記事をシェア!

「中国語」の漢字、ちゃんと書けてる?「育」の上は「一」と「ム」だよ!

日本人は漢字がわかるので、中国語の字を覚えるのはラクラクですよね。

台湾で使われている繁体字は日本の旧字体と一緒だしさらに楽チン~♪なんて思っているあなた!

実は日本語の漢字と中国語の繁体字では微妙に違うんですよ。

スポンサーリンク

中国語繁体字での「育」の書き方は・・・

以下台湾のニュースより。

「台湾のお父さんが、小学校四年生の娘の宿題を見ていました。

娘が「育」という字を「一」と「ム」の組み合わせで書いていました。

お父さんは、「、」と「一」と「ム」だよと教え、娘の教科書を開いて見せようとしました。

しかし、なんと教科書に「育」の書き順は「一」と「ム」だと書かれていました。

お父さんはたいそうびっくりしたそうです。」

お父さんは「確かに学校でこう教わった。40年間こうやって書いてきたが、間違っていたのか?」と言っています。

中国語繁体字での書き方

「中国語」の漢字、ちゃんと書けてる?「育」の上は点じゃなくて「一」と「ム」だよ!

こう書くのが正解/udn.com

雨:点の端が真ん中を向くように

育:上は「一」と「ム」、下は月じゃなくて部首の「にく」

冒:上の「日」の真ん中と下の線は端にくっつけない

沛:「市」の上は点ではない。上から下までが一画

ちなみに日本では「育」は「、」と「一」と「ム」のようです。

パソコンや印字だとそう見えるけど、手書きで書くときはこうやって書く、ということなんでしょうね。

書き順が変わった

台湾では、昔と今では漢字の書き順が変わった字があるそうです。

学校の先生でも、昔の書き順のまま黒板に書いてしまい、生徒から「書き順が違う」と指摘されてしまうそうです。

國字標準字體教師手冊で中国語の漢字の書き順を、漢字の正しい書き順(筆順)で日本語の漢字の書き順を調べる事ができますので、興味のある方はどうぞ。

まとめ

語学学校の先生には、日本人に対しても漢字をきっちり訂正する先生と、よほど間違っていない限り(來を来と書いてる等)訂正しない先生がいました。

前者の先生は、とめ・はね・はらい、突き出るところ突き出ないところ、空間が空きすぎている、線はまっすぐ書く、日本語ではそうかもしれないが中国語ではこう、などときっちり訂正してきて、ちょっと反日っぽい先生だったので、きっと悪意があったのではないかと思っています。

「そりゃあ間違ってるかもしれないけど、日本人にそこまでする?日本人にもくせ字があるのになぁ」と思ったものです。

私はよく字はきれいと言われるほうなので、決して汚い字ではないと思うのですが。

まぁ、訂正されたら「あぁ中国語ではそうなんだ」と受け入れましょう。

参照元:這些國字 你寫對嗎?

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています