【豆乳への変更無料】台湾のスタバカスタマイズ中国語まとめ

【豆乳への変更無料】台湾のスタバカスタマイズ中国語まとめ

ある日ネットサーフィンしていると、「台湾のスタバでは豆乳への変更が無料でできる」との情報を発見。

本当かどうか確かめてみました。

結論から言うと、本当です!!

日本では豆乳への変更は+50円ですが、台湾ではなんと無料!!

台湾では豆乳が一般的に飲まれているからかな?

ちなみにチョコチップ追加は15元(約55円)。日本よりもお高い。

 

実際に注文してみた

【豆乳への変更無料】台湾のスタバカスタマイズ中国語まとめ

客製化選項(Choose Your/カスタマイズメニュー)

  • 濃縮咖啡(エスプレッソ)追加:+15元/1ショット
  • 風味糖漿(シロップ)追加:+15元/1種類
  • 風味糖醬(ソース)、鮮奶油(ホイップ)追加:+10元/1種類
  • 牛奶(ミルク)選擇:牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、豆乳

 

最後の牛奶(ミルク)選擇に注目!

値段が書かれていません。全て無料なんです。

店員さんによると「ミルク入りドリンクには既にミルク代が含まれているので、これを豆乳に替えるのは当然無料」とのこと。

なぜ日本では+50円なのか・・・。

 

そんなわけで、

豆乳へ変更したいときは、「加豆奶(jiā dòu nǎi)」と呪文を唱えましょう。

 

また、ドリンクに対する豆乳の割合は40%までだそうで、「豆乳へ変更したい」というと「幾份?(jǐ fèn/何%?)」と聞かれるかもしれません。

その際には一份(10%)、兩份(20%)、三份(30%)、四份(40%)の中からお好きな割合を選んでください。

読みは一份(yī fèn)、兩份(liǎng fèn)、三份(sān fèn)、四份(sì fèn)。

 

ちなみに一番最後の「提供自備飲料杯優惠10元」とは「マイボトル持ち込みで10元引き」です。

【豆乳への変更無料】台湾のスタバカスタマイズ中国語まとめ

 

チョコチップを追加する呪文

先ほどのカスタマイズメニューの中にチョコチップがありませんでしたが、チョコチップも15元(約55円)/一份で追加できます。

チョコチップを追加したいときは、「加可可碎片(jiā kě kě suì piàn)」と呪文を唱えましょう。

2倍にしたかったら兩份で。

チョコチップ入れたらおいしいよね!

【豆乳への変更無料】台湾のスタバカスタマイズ中国語まとめ

 

中国語でのスタバカスタマイズ用語集

基本の単語

  • スターバックス=星巴克(xīng bā kè)
  • フラペチーノ=星冰樂(xīng bīng lè)
  • カスタマイズ=客製化(kè zhì huà)
  • ラテ=那堤(nà tí )
  • キャラメルマキアート=焦糖瑪奇朵(jiāo táng mǎ qí duǒ)
  • カプチーノ=卡布奇諾(kǎ bù qí nuò)

 

サイズ

  • ショート=小杯(xiǎo bēi)
  • トール=中杯(zhōng bēi)
  • グランデ=大杯(dà bēi)
  • ヴェンティ=特大杯(tè dà bēi)

 

サイズに対する量は日本と同じ。

サイズの言い方もこのほうが分かりやすい気がしますね。

 

シロップ(糖漿)

  • バニラシロップ=香草糖漿(xiāng cǎo táng jiāng)
  • ヘーゼルナッツシロップ=榛果糖漿(zhēn guǒ táng jiāng)
  • キャラメルシロップ=焦糖糖漿(jiāo táng táng jiāng)
  • アーモンドシロップ=杏仁糖漿(xìng rén táng jiāng)

 

もともとシロップが入っているドリンクは、無料で他のシロップへの変更や量の変更ができます。

追加は有料(15元/1種類)。

 

ソース(糖醬)

  • チョコレートソース=摩卡糖醬(mó kǎ táng jiàng)
  • キャラメルソース=焦糖糖醬(jiāo táng  táng jiàng)

 

カスタマイズ時に使う単語

  • エスプレッソ=濃縮咖啡(nóng suō kā fēi)
  • 豆乳=豆奶(dòu nǎi)
  • 低脂肪乳=低脂(dī zhī)
  • 無脂肪乳=脱脂(tuō zhī)
  • チョコチップ=可可碎片(kě kě suì piàn)
  • ホイップ=鮮奶油(xiān nǎi yóu)
  • ○○多め=多○○(duō)
  • ○○少なめ=少○○(shǎo)
  • ○○追加=加○○(jiā)
  • ○○なし=去○○(qù)、もしくは不加○○(bù jiā)

 

「氷なし」なら、「去冰(qù bīng)」。

 

コンディメントバー(調味吧台)

ストローや紙ナプキンが置いてあるコンディメントバーにあるもの。

 

  • シナモンパウダー=肉桂粉(ròu guì fěn)
  • バニラパウダー=香草粉(xiāng cǎo fěn)
  • ココアパウダー=可可粉(kě kě fěn)
  • はちみつ=蜂蜜(fēng mì)
  • ガムシロップ=果糖(guǒ táng)
  • ブラウンシュガー=黄糖(huáng táng)

 

まとめ

台湾では高級路線をいくスターバックス。

台湾の法定最低時給が120元、台湾スタバでのキャラメルマキアートの値段はショートで110元。

しかしさらにその上をいく超高級路線の「龍門新概念店」が10月6日に台北にオープンしました。

店内は115坪の広さに130席、アジア初の新形態店で日本人パティシエの青木定治氏と共同開発した同店限定スイーツがあるそうです。

台北にはこういうところにでも躊躇なく毎日行けるようなお金持ちがいっぱいいるんですよ。

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報をフォロー】
Instagram
Sponsored Links
【あわせて読みたい】