【2022年版】台湾のフリーWi-Fiの使い方。登録もパスワードも不要です

iTaiwan 台湾のフリーWi-Fi

2020年7月より、台湾政府・台北市・新北市が提供するフリーWi-Fiは、会員登録不要・パスワード不要で使えるようになりました。

日本よりもIT先進国の台湾。

台湾の行政が運営しているフリーWi-Fiなら、地下鉄の駅や公共施設などで使えますよ。

コロナ禍の間に台湾のフリーWi-Fiの状況が変わってしまいました。

この記事では、2022年7月時点での最新の情報を紹介します。

※九份でフリーWi-Fiが使えるかについては、下記の記事をご覧下さい。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の行政が運営しているフリーWi-Fiについて

接続方法

行政運営なので、パスワードの入力はないものの、比較的安全だと思います。

時間制限もありません。

1.iTaiwan(台湾政府)

台湾全土に1万ヶ所のホットスポットあり

2.Taipei Free(台北市)

3.New Taipei(新北市)

Wi-Fiをオン

各表示名をタップ

「我同意&免費上網」をタップ

以上で接続できます。

事前の会員登録もパスワードの入力も不要です。

iTaiwanは台湾全土で使えます

中部や南部に行く場合は、このiTaiwanを使えばいいでしょう。

使えるところ(ホットスポット)

  • 台北の地下鉄の駅
  • 夜市や市場の一部
  • 学校・市役所・郵便局・銀行の一部
  • 主要道路の一部

など、たくさんあります。

行政が運営しているフリーWi-Fiは、国立/市立の施設に設置されている場合が多いです。

地図上でホットスポットの位置を確かめたい方は、下記のリンクからご覧下さい。

【iTaiwan(台湾政府提供)のWi-Fiホットスポット】

https://itaiwan.gov.tw/gmap.php

【Taipei Free(台北市提供)のWi-Fiホットスポット】

https://wifi.taipei/search_map

【New Taipei(新北市提供)のWi-Fiホットスポット】

https://map.ntpc.gov.tw/MapAPI/1A55904C-4248-40EB-A49E-3DC8116314DB

フリーWi-Fiの電波が届く範囲

ホットスポットを中心として20m以内だそうです。

これは台湾に限らず、Wi-Fiはそんなものですね。

Wi-Fiは、ホットスポットから電波の届く範囲でしか使えません。

使用する場合は、動かずにその場で使いましょう。

ポケットWi-Fiをレンタルすればさらに便利

ポケットWi-Fiなら、Wi-Fiルーターを持ち歩くので、いつでもどこでも電波が入りますよ。

\ ポケットWi-Fiのおすすめはコレ /

>> グローバルWiFiを申し込む

ポケットWi-Fiがあれば、

  • 常に写真を撮ってSNSにアップできる
  • 常にスマホで情報収集できる
  • 常に日本の家族と連絡を取れる

良い事尽くめですね。

楽しむための旅行です。

「Wi-Fiが入らない!」とイライラするのは時間の無駄。

イライラの芽は先に排除しておきましょう。

\ 今ならキャンペーン中!ポケットWi-Fiのレンタルはこのボタンから/

※日本の空港カウンターまたは自宅配送で端末を受け取れます

まとめ

ホテルにはホテルのWi-Fiが、カフェにはカフェのWi-Fiがあります。

とりあえず台湾で「Wi-Fiがない!」と困る事はあまりないと思います。(地方では別ですが)

九份でフリーWi-Fiが使えるかについては、↓こちらの記事↓をご覧下さい。

iTaiwan 台湾のフリーWi-Fi

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)