※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

【2022年版】台湾のフリーWi-Fiの使い方。登録もパスワードも不要です

日本よりもIT先進国の台湾。

台湾の行政が運営しているフリーWi-Fiなら、地下鉄の駅や公共施設などで使えますよ。

会員登録不要・パスワード不要で使えます。

この記事では、2022年7月時点での最新の情報を紹介します。

目次(タップで飛べます)

台湾の行政が運営しているフリーWi-Fiについて

接続方法

行政運営なので、パスワードの入力はないものの、比較的安全だと思います。

時間制限もありません。

1.iTaiwan(台湾政府)

台湾全土に1万ヶ所のホットスポットあり

2.Taipei Free(台北市)

Wi-Fiをオン

各表示名をタップ

「我同意&免費上網」をタップ

以上で接続できます。

事前の会員登録もパスワードの入力も不要です。

iTaiwanは台湾全土で使えます

中部や南部に行く場合は、このiTaiwanを使えばいいでしょう。

使えるところ(ホットスポット)

地図上でホットスポットの位置を確かめたい方は、下記のリンクからご覧下さい。

iTaiwan(台湾政府提供)のWi-Fiホットスポット】

https://itaiwan.gov.tw/gmap.php

Taipei Free(台北市提供)のWi-Fiホットスポット】

https://wifi.taipei/search_map

  • 地下鉄の駅
  • 夜市や市場の一部
  • 学校・市役所・郵便局・銀行の一部
  • 主要道路の一部

など、たくさんあります。

行政が運営しているフリーWi-Fiは、国立/市立の施設に設置されている場合が多いです。

まとめ

台湾で使えるポケットWi-Fiをレンタルして持って行く のもオススメ。

両方使うと便利です。

片方で接続できない時、もう片方を使えますから。

この記事をシェアしてみんなに教えよう!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(タップで飛べます)