台湾のインスタント麺食べ比べ!おすすめはコレ!

台湾のインスタント麺食べ比べ!おすすめはコレ!

新たな台湾土産として最近人気なのが、インスタント麺

有名メーカーのものから芸能人が監修しているものまで、様々なインスタント麺があります。

日本の食事は、麺類よりもお米が主流。

しかし、台湾では、お米よりも麺類が主流。

麺類の種類が豊富な台湾なら、美味しいインスタント麺がたくさんあるのです。

この記事では、

  1. 曽拌麺(曾拌麵)
  2. KIKI麺
  3. 賈以食日(CHIA YI SHI RI)

の三種類を食べ比べた感想を紹介します。

全て台湾のスーパーで手に入ります。

目次(見たい項目へ飛べます)

購入した台湾のインスタント麺

今回食べたのは、下記の三種類の味。

  1. 曽拌麺‐麻油椒香
  2. KIKI麺‐椒麻拌麺(ベジタリアン対応)
  3. 賈以食日-焼椒麺
  • Spicy系列で辛い味付けのもの
  • 具材は全く入っておらず、麺とタレのみ付属
  • 規定の時間茹でて、タレを混ぜ合わせる汁なし麺

というのは全て共通です。

お好みで、ネギやゆで卵/目玉焼きなどを乗せましょう。

曽拌麺‐麻油椒香

販売価格:168元(4袋入)

曽拌麺‐麻油椒香 外装
曽拌麺‐麻油椒香 麺

日本のインスタント麺にはあまりない、ちぢれ麺。

真ん中部分は厚みがあり、端部分は薄いので、一口で違った食感を味わえます。

KIKI麺‐椒麻拌麺

販売価格:219元(5袋入)

KIKI麺‐椒麻拌麺 外装
KIKI麺‐椒麻拌麺 麺

細麺タイプ。

唐辛子の粉を全て入れると辛すぎます。

まずはほんの少しだけ入れて、味を見てみましょう。

賈以食日-焼椒麺

販売価格:268元(4袋入)

賈以食日-焼椒麺 外装
賈以食日-焼椒麺 麺
※キャベツは自分で入れました

こちらも、ちぢれ麺タイプ。

麺の真ん中は分厚く、端は薄いのですが、食感はきしめんっぽい感じ。

きしめんが好きな人にオススメ。

感想

一番美味しかったのは曽拌麺かなぁ。

ちぢれ麺でモチモチ感があるのが新鮮ですね。

そして、三つ全て美味しかったのですが、全て辛かったですw

タレをほんの少し入れただけでも、日本人には辛すぎると思います。

しかし、「台湾の麺料理」を感じられます。

台湾に行きたくなった時に、この麺を食べれば、台湾気分を味わえます。

賞味期限も長いので、買い置きできます。

三つ全て、芸能人が監修しているもの。

やはり、芸能人の名前を冠しているものは、そんなに不味いものはないんじゃないかと。

不味いと自分の評判が悪くなるだけですからね(笑)

まとめ

「辛い物が好きで、日本のインスタント麺の辛さでは満足できない」と言っている人へのお土産にしても良いですね。

台湾のインスタント麺の辛さなら、満足できるかも。

台湾のインスタント麺食べ比べ!おすすめはコレ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる