※当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

台北の5人部屋があるホテルまとめ

この記事では、ゲストハウスやドミトリールームではない、5人で泊まれるホテルを紹介します。

5人部屋または6人部屋です。

6人部屋でも5人で泊まれますよ~。

台湾でも5人部屋はかなり少ないですね。

台湾は国土が狭いので、5人部屋を作る余裕がないという理由もあります。

宿泊したいなら、早めの予約を。

週末の宿泊なら宿泊日の1ヶ月半くらい前には予約しておきましょう。

ギリギリで生きていてはいけませんよ。

目次(タップで飛べます)

台北の5人で泊まれるホテル

1.リージェントホテル(中山)

台北の5人部屋ホテル リージェント台北
  • クイーンベッド(210*152)2台+ソファーベッド
リージェントホテル台北 大人5名まで宿泊可
楽天トラベル

>> 宿泊プランの詳細を見る

台北の老舗ホテル・リージェントホテル。

スタッフには日本語ペラペラの人がたくさんいるので安心です。

2.エバーグリーンローレル(松江南京)

エバーグリーンローレル
  • クイーンベッド(200*200、165*188)2台+エクストラベッド
エバーグリーンローレル 5人部屋
アゴダ

>> 宿泊プランの詳細を見る

エバーグリーンホテルグループはエバー航空の関連会社です。

築年数が経っているので、見た目はちょっと古いホテル。

3.スカイ19(台北駅前)

スカイ19 台北駅前
  • クイーンベッド(180*210*2、150*188)3台
スカイ19 6人部屋プラン
楽天トラベル

>> 宿泊プランの詳細を見る

ビルの19階にあります。

6人部屋はシティビューなので眺めも抜群。

4.ホテルパパホエール(西門町)

ホテルパパホエール 台北西門町 5人部屋 6人部屋
  • ダブルベッド(190*150)3台
ホテルパパホエール 大人6名
アゴダ

>> 宿泊プランの詳細を見る

大人6名+子供2名まで泊まれる大きな部屋。

まとめ

子ども3人の5人家族なら、一部屋に宿泊するのがオススメです。

しかし、友人同士の5人グループの場合、いっそ二部屋に分けた方がいいかも。

5人一部屋だと、シャワーの時間や朝洗面台を使う時間でイライラしがち。

日常から離れるための楽しい海外旅行です。

イライラの芽は先に摘んでおきましょう。

この記事をシェアしてみんなに教えよう!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(タップで飛べます)