台湾旅行はビジネスクラスで。近いから安い&時間の無駄がない

台湾旅行 ビジネスクラス 近いから安い 時間の無駄がない

みなさん、飛行機のビジネスクラスに乗った事はありますか?

台湾旅行はビジネスクラス利用がおすすめです。

日本人女性

でも、お高いんでしょう?

いえいえ、そんな事はないですよ。

エバー航空ならエコノミークラス片道に+2万円でビジネスクラスに乗れます。

JALやANAでも、たまに販売される激安チケットなら往復8万円くらい。

日本人男性

ビジネスでもエコノミーでも到着時間は一緒でしょ

もちろん、到着時間は一緒ですよ。

しかし、ビジネスクラスなら時間の無駄がないんです。

  • 早く飛行機を降りて
  • 早く荷物を受け取って
  • 早く観光に行ける

「待ち時間」という無駄な時間が少なくて済みます。

しかも、機内では至れり尽くせり。

疲れないから現地に着いたらすぐに行動を開始できます。

管理人

私、ビジネスクラスで台湾へ行った事がありま~す

その時の話です。

台湾の空港の到着ゲートが混んでいたため、飛行機からマイクロバスに乗って移動しました。

まず、ビジネスクラスの人だけが先に移動

数人しか乗っていないマイクロバス。

広々空間で快適に移動。

なんて贅沢なんでしょう!

後から来たエコノミークラスの人達は、立ち乗りでギュウギュウ詰め。

「庶民はこうやって苦労するんだねぇ」と、その時だけは天竜人になった気分でした。

この時、バスがギュウギュウ詰めになるまで待ってから出発してますからね。

その待っている時間が無駄なんですよ。

ビジネスクラスは先に移動できているので、時間のロスが最小限で済んでいます。

この記事では、ビジネスクラスのメリットを紹介します。

一度乗ってみると、その価値が分かりますよ。

タイパ(タイムパフォーマンス)を重視するなら、ビジネスクラスがおすすめです。

目次(タップで飛べます)

台湾旅行でビジネスクラスを利用するメリット6選

1.専用チェックインカウンター

ビジネスクラスなら、専用チェックインカウンターで手続きできます。

カウンターまで着いたら、すぐに手続き可能。

エコノミークラスのチェックインカウンターって、タイミングによってはかなり混んでいるんですよね。

この待ち時間って、無駄だと思いませんか。

管理人

私は長い時で30分くらい待ったわよ。
チェックイン前は荷物を持っているから待つのもしんどいのよね。

2.ラウンジを使える

ANA SUITE LOUNGE(関空)

専用チェックインカウンターで手続きが済んだら、ラウンジへ。

ビジネスクラスの人は利用チケットを貰えます。

ラウンジで

  • パソコンを持ち込んで仕事をする
  • ゆっくりコーヒーを飲む
  • 家族にビデオ通話

など、自分の好きなように過ごせますよ。

空港内の椅子って、プラスチックで固かったり、背もたれが無かったりで、結構しんどいですよね。

ラウンジの座り心地の良いソファで搭乗までまったりしませんか。

管理人

空港内ってあまり映える所がないんだけど、ラウンジならけっこう映えてるわよ

3.優先搭乗・優先降機

ビジネスクラスは優先搭乗後にドリンクサービスがあります。

SNSでよく見かけません?

シャンパングラスを窓にかざして写真撮ってる人。

飛行機を降りる時も、ビジネスの人から降りていきます

エコノミーで後ろの方の席だと、降りるのにかなり時間がかかりますよね。

その待っている時間、無駄です。

台湾に着いてから、一秒も無駄にせず観光したいですよね?

管理人

ビジネスクラスで早く飛行機を降りれたら、早く観光に行けるわよ

4.機内で至れり尽くせり

ビジネスクラスの客には優しいCAさん。

私のリュックを頭上の棚に入れてくれたり、コートをクローゼットに保管してくれたり。

エコノミーにはないサービスがいろいろとありますね~。

ビジネスクラスは人数が少ないので、CAさんの目が行き届くんですよね。

ちょうどいいタイミングで手拭きのタオルを持ってきてくれたり、もぞもぞしている時には声をかけてくれたり。

エコノミーは人数が多いので、CAさんが客ひとりひとりに気を配っている余裕はありません。

5.ビジネスにだけ機内エンタメがある機材も

エコノミーには映画を観る機内エンタメがなくても、ビジネスクラスにだけ付いている機材もあります。

私が昔乗った、エコノミー3列×3列・ビジネス8席の小さな飛行機ではそうでした。

機内エンタメって、最新の映画を上映しているんですよ。

動画配信ではまだ入っていないような新作があるかも。

今の時代、動画配信で映画をダウンロードしておけば、オフラインでも観れます。

しかし、機内エンタメという限られた中で上映されている映画を観る事で、セレンディピティ(偶然見つける新しい何か)があるかもしれませんよ。

6.荷物が早く出てくる

チェックイン時、荷物に「プライオリティ」のタグが付けられ、その便の到着時には最優先で出てきます。

ビジネスクラスの人から先に飛行機を降りていますよね。

荷物を早く受け取って、早く市内へ移動しましょう。

ここで裏技を一つ。

この「プライオリティ」のタグ、捨てないで!

次回がエコノミークラスだとしても、荷物にこのタグを付けておけば、早く出てくる可能性があります!

優先荷物はまとめてコンテナに入れなければなりません。

荷物係の人は、タグを見て判断していると思います。

航空会社の上級会員がエコノミーに乗る事もあるんですよ。

タグが付いている荷物を優先的に出しておけば、クレームも防げますからね。

注意:入国審査は優先されない

台湾ではビジネスクラスによる入国審査の優先レーンはありません。

他の一部の国ではあるようですが、台湾ではありません。

「飛行機を早く降りられるから、その便の他の乗客よりも早く入国審査に辿り着ける」だけです。

入国審査では並ぶ事になるかもしれませんね。

それでも他の所での時間のロスが少ないので、ビジネスクラスに乗る価値はありますよ。

まとめ

みなさんもぜひ一度ビジネスクラスに乗ってみてください。

その価値が分かると思います。

台湾旅行 ビジネスクラス 近いから安い 時間の無駄がない

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(タップで飛べます)