【台北】廣方圓のパイナップルケーキを食べてみた。完全に日本人向け。

台北中山エリアの「廣方圓茗茶」。

こちらのパイナップルケーキが日本人に人気なので買ってみました。

廣方圓の本業はお茶屋さん。

お茶とパイナップルケーキを同時に買えるので便利ですね。

パイナップルケーキの味は、「可もなく不可もなく」という感じでした~。

その分、万人受けするかもしれませんね。

廣方圓のパイナップルケーキは、サ○ーヒ○ズと似たような系統です。

サ○ーヒ○ズを好きな人は、もっと評価が高いかもしれません。

私はあまり好きではないので、それほど高い評価ではありませんでした。

それでもせっかく買ったので、詳細をレポートします。

目次(見たい項目へ飛べます)

廣方圓への行き方

台北MRT雙連駅1番出口から徒歩3分。

1番出口を出て右折→派出所を右折→2ブロック歩いて右折すると、廣方圓があります。

廣方圓 外観

店員さんは日本語ペラペラなので、安心して買い物できます。

廣方圓のパイナップルケーキを食べてみた

パイナップルケーキを買うと、茶葉が一つ付いています。

このお茶を飲みながら、パイナップルケーキをどうぞ。

値段

  • 4個入:350元
  • 8個入:450元
  • 12個入:1,000元

※バラ売りなし

賞味期限

  • 賞味期限:1ヶ月間
  • 個包装への賞味期限の記載:なし(箱に記載)
  • 製造日の記載:あり(箱に記載)

専門店で賞味期限1ヶ月なら、長い方だと思います。

成分

牛乳・卵・バターが含まれています。

廣方圓 成分

先ほども書いたように、味は「可もなく不可もなく」という感じでした。

廣方圓のパイナップルケーキは、「固めの生地+繊維たっぷりの甘酸っぱい餡」。

生地は固すぎず、餡は酸っぱすぎず、万人受けタイプではあるかなと思いました。

1個の値段が結構高いんですけど、値段ほどの美味しさは無かったかな・・・。

これなら他のパイナップルケーキでも良さそう・・・。

中山エリアにあるので行きやすいのが良い所。

完全に日本人向け

店員さんは日本語ペラペラ。

そして、廣方圓のパイナップルケーキを買っている台湾人がほとんどいない・・・。

まぁ、日本人向けにやっているお店なんていくらでもあるので、そこは責める所ではないですけどね。

「台湾人に人気のパイナップルケーキ」では無いよ、という話です。

あと、このお店も台北ナ○との関係が濃いみたいなので、いろいろあるんでしょうね。

まとめ

本当にたくさんある台湾のパイナップルケーキ。

自分の好きな物を見つけるまで、パイナップルケーキの旅は続くのだ。

廣方圓茗茶
住所台北市中山區中山北路二段72巷7號
営業時間09:00-21:00

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる