中国人「我々は片手で10まで数えられる!台湾人は出来ないアルか?」

中国語を勉強したことがある人は、「指で数字を表して相手に見せる時、中国では片手で1~10まで表す事ができる」ということを知っていると思います。

さすがは5000年の歴史アルよ。

でも、「台湾では10を片手で表す事ができない」んです。

ここで、「日本でも1~10まで片手で表す事ができるでしょ」と思ったあなた!

それ、自分で指折り数える場合ですよね?

ここで言う「片手で10まで表す」とは、「指で数字を表して、相手に見せる時」の事です。

この記事では、「中国と台湾の指を使って数字を表す方法と、その違い」を紹介します。

目次(見たい項目へ飛べます)

中国の数の表し方

中国人「我々は片手で10まで数えられる!台湾人は出来ないアルか?」
写真/night0204

1~5までは日本と同じ。

6→親指・小指を立てる

7→親指・人差し指・中指を合わせる

8→親指・人差し指を立てる

9→人差し指を曲げる

10→じゃんけんのグー(もしくは人差し指の上に中指を重ねる)

台湾の数の表し方

中国人「我々は片手で10まで数えられる!台湾人は出来ないアルか?」
写真/バナナ

1~6まで中国と同じ。

7→親指・人差し指を立てる

8→親指・人差し指・中指を立てる

9→親指・人差し指・中指・薬指を立てる

10→両手の人差し指を重ねて十にする(もしくは両手パーにする)

つまり、

台湾では1~9までは片手で表す事ができますが、10は片手で表す事ができないんです。

中国と台湾の数の表し方の違い

すでにお気付きの方がいると思いますが、中国での「8」が台湾では「7」なんです!

中国は漢数字の八を表していますが、台湾は数字の7を表しているため、こうなったとか・・・。

また、中国の「9」は、台湾では「死」を表すため、台湾でやると感じが悪いのでお気をつけて。

まとめ

「中国語が話せる」というだけでなく、こういうボディランゲージも自然にできるようになると、よりネイティブに近づきますよ。

他にも様々なボディランゲージがあります。

興味のある人は、調べてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる