台北地下鉄乗り放題券「Taipei Fun Pass」がクーポン付きで超お得!

台北の地下鉄(MRT)に、超お得な乗車券があるって、知ってました?

その超お得な乗車券とは、「北北基好玩卡」。

(北北基おもしろカード/以下、Taipei Fun Pass)

この乗車券で、

  • 台北MRT全線
  • 台北市と新北市の一部のバス
  • 台湾好行バスの一部の路線

が乗り放題券です。

この乗り放題券、結論から言うと、

交通費で元を取る事は難しい。

しかし、台北市内の約180店で使えるクーポンが付いている。

そのクーポンを使う事で得をする事ができる。

というものです。

ですから、交通費で元を取ろうと思ってはいけません。

それでは、Taipei Fun Passの詳しい内容について見てみましょう。

※この乗り放題券には、桃園国際空港⇔台北駅の路線は含まれていません。

目次(見たい項目へ飛べます)

Taipei Fun Passは2種類あり

どちらもクーポンが付いています。

  1. 無限周遊カード
  2. 交通周遊カード

①の無限周遊カードは、「観光施設の入場料+地下鉄乗り放題券のセット」です。

こちらは販売価格が高い&使い勝手が悪いので、この記事では紹介しません。

無限周遊カードは、1日券1,200元~。

そして、科学博物館など日本人旅行者は行かない観光施設とセットになっているためです。

先ほども書いたように、この乗り放題券は、「交通費で得をするのではなく、付属のクーポンを使う事で得をするもの」です。

「無限周遊カード」は買う必要がないと思います。

皆さんは、「交通周遊カード」を買いましょう。

Taipei Fun Pass-交通周遊カード

5種類あり

  1. 1日券:180元
  2. 2日間券:310元
  3. 3日間券:440元
  4. 5日間券:700元
  5. 猫空ロープウェー1日券:350元

4日間券はありません。

交通周遊カード 下記5種類。 1日券:180元 2日間券:310元 3日間券:440元 5日間券:700元 猫空ロープウェー1日券:350元 4日間券はありません。
券面の色は茶色です

とりあえず、1日券(180元)を購入しておけばいいと思います。

1日券でもクーポンが付いています。

使用可能路線

  • 台北MRT全線
  • 台北市と新北市の路線バス(路線番号が4桁のバスを除く)
  • 台湾好行バスの5路線
    • 北投竹子湖線
    • ムーザピンシー線
    • 皇冠北海岸線
    • 黄金福隆線
    • 龍宮お宝探し線(東岸及び西岸)

以上が乗り放題です。

「台北市の地下鉄は乗り放題」と思っていて大丈夫です。

(正確には台北市と新北市の地下鉄ですが)

使用する際は、改札にある「イージーカード」(悠遊卡)のマークがついたセンサー部分に、Taipei Fun Passをタッチさせてください。

台北⇔九份のバスは対象外

台北市内⇔九份のバスは、路線番号が4桁。

ですから、このTaipei Fun Passの乗り放題の対象ではありません。

(そもそも、台北市内⇔九份のバスは、路線バスではなく高速バス)

しかし、台湾好行バスの黄金福隆線は対象です。

台湾鉄道瑞芳駅⇔九份までのルートを、黄金福隆線で乗る事はできます。

まぁ、ややこしいので、「九份へ行くときは使わない」と思っていた方がいいです。

有効期間

  • 使い始めた日を1日目とし(Taipei Fun Passを購入した日ではない)、MRTやバスのその日の営業終了時刻までを1日とする
  • 2日間、3日間、5日間は連続した日にちとする
  • 有効期間内のみ使用可能で、チャージ機能は無し
  • デポジットは含まれていない

販売場所

台北MRT各駅のサービスセンター(詢問處)

1日180元も使わない

とても安い台湾の交通費。

Taipei Fun Pass(交通周遊カード)の1日券は、180元(約650円)。

180元以上使うなら、オトクという事ですよね。

しかし、日本人観光客は、1日180元以上も使わないと思います。

日本人観光客が、1日で乗りそうなルートで、何回もMRTに乗った場合の例。

台北駅(20元)

中正紀念堂駅(20元)

行天宮(20元)

東門駅(20元)

台北101/世貿駅(55元)

淡水駅(40元)

剣潭駅(20元)

台北駅

合計:195元

台北MRTの最低料金が20元。

計画通り観光できなかった場合を考えると、得になるかは微妙。

台北101/世貿駅から淡水駅まで、赤線のほぼ端から端まで乗っても、55元なんですよ。

長い距離を乗っても、それほど高くないんですよね。

ですから、Taipei Fun Passは「台北行くなら絶対買っとけ!」というものではありません。

クーポンがオトク!

Taipei Fun Passには、クーポンが付いています。

クーポンは、台北市・新北市・基隆市の約180店舗で使えます。

クーポンを使う事によって、Taipei Fun Passの1日券180元分以上、得をする事ができます。

クーポンは1日券~5日間券のどれを購入しても付いています。

紙のクーポン冊子を貰える訳ではないので、Taipei Fun Passの公式HP(日本語版あり)からクーポン特約店を確認してください。

クーポンの例としては、

  • 點水樓では、小籠包(10個入)を1せいろ注文すると、1せいろ追加サービス
  • ひげちょう魯肉飯では、黃金魯肉飯+菜頭湯を注文すると、元値115元が109元に
  • 順益台湾原住民博物館では、入場料2割引き

などがあります。

また、クーポンは、

  • Taipei Fun Passカードの提示(見せるだけ)で〇元割引
  • 〇元以上購入で、おまけプレゼント(提示も必要)

など、お店によって内容が違います。

カードの券面デザインは、数年間は変更されないようです。

また、カードには有効期限や使用期限のようなものは書かれていません。

管理人のアイコン画像管理人

一度買っておけば、数年間はクーポンを使えるのでは・・・?

まとめ

何度も言いますが、「Taipei Fun Passは、交通費で得をするものではなく、付属のクーポンを使う事によって得をするもの」です。

そこを理解して使えば、とってもオトク。

知っている人だけが得をするのです。

【台湾のホテル予約はこちらから】
Hotels.com
agoda(アゴダ)
Expedia(エクスペディア)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる