台湾のコンビニ、Hi-LifeとOKmartの良い所はここだ!

\Share/

スポンサーリンク

台湾のコンビニ、Hi-LifeとOKmartの良い所はここだ!

コンビニ大国の台湾。

日本人にもおなじみの7-11とファミマに加え、Hi-LifeとOKmartというコンビニがあり、この四つのコンビニが台湾では主流です。

この四大コンビニ、2018年末時点での台湾での店舗数は、

  • 7-11:5,443店
  • ファミマ(全家):3,406店
  • Hi-Life(萊爾富):1,380店
  • OKmart:920店

だそうです。

店舗数が少ないせいか、後者2社は影が薄いんですよね。

そんな中、「Hi-lifeとOKの良い所」についてネット民が語っていたので紹介します。

スポンサーリンク

目次(見たい項目へ飛べます)

Hi-LifeとOKの良い所

「Hi-Lifeはポイントを集めて貰える商品の質が良い」

「Hi-Lifeのアプリはクーポンが多い」

「OKもクーポンが多い」

「OKは7-11よりも安いと思う」

「Hi-Lifeのエッグタルトとからあげが美味しい」

「Hi-Lifeは台湾のフリマアプリの配送料が安い。だからそれ専用で使ってる」

「OKのコーヒーはよく買一送一か二杯目5元をやってる」

Hi-Lifeのエッグタルト

Hi-Lifeのエッグタルト

潰れない理由

Hi-LifeとOKが潰れそうで潰れない理由。それは、

「軍事基地の近くや郊外を狙って出店しているから」

だそうです。

「Hi-LifeとOKは僻地に出店している事が多い」

「兵役の時は、よくHi-Lifeに行っていた」

「学校や住宅街の近くにあるよね」

「OKはうちみたいな超田舎にも展開している」

「7-11とファミマは若者向けで、Hi-LifeとOKは年配者向け」

「OKは狭い道とか他にお店がないような所に出店してる」

都会の人は知らないかもしれませんが、「郊外を狙って出店している企業」というのは、日本でも台湾でも、たくさんあるんですよね。

Hi-LifeとOKは、7-11とファミマとは違う戦略なのでしょうね。

まとめ

OKmartは、サークルK資本だそうです。

Hi-Lifeは、外資系ではない、台湾資本のコンビニだそうです。

「台湾を支援するために、台湾でお金を使います!」と言っている人は、7-11でもファミマでもOKでもなく、Hi-Lifeで買い物して下さいね。

参照元 「萊爾富、OK」到底輸在哪?內行人反曝存活關鍵!