この記事をシェア!

台湾桃園国際空港のトリビア7選!免税店では無料で〇〇できる

この記事をシェア!

台湾桃園国際空港のトリビア7選!免税店では無料で〇〇できる

明日使えるムダ知識をあなたに。

知らなくても桃園国際空港を利用できる、でも知っているともっと桃園国際空港を楽しめる、そんなムダ知識、知りたくないですか?

今回は、台湾の桃園空港のトリビアを7つ紹介します。

台湾ではトリビアの事を「冷知識」と言います。

知らなくても生きていける、「冷たい知識」という事ですね。

スポンサーリンク

桃園空港のトリビア

1.利用客の忘れ物で最も多いのは、ベルト

桃園空港の忘れ物で最も多いのは、意外にもベルトだそうです。

年間約2,000本ものベルトの忘れ物があるそうです。

空港スタッフによると、「保安検査を通る際にベルトを外したものの、急いでいたので手荷物だけ受け取り、ベルトを忘れてしまった人が多い」との事。

そう言われると納得ですね。

もちろん、忘れ物の定番の傘や、旅行の際に持って行く人が多い首枕、ケータイなどもあるそうです。

2.電動カートは飛行機に乗り遅れそうな人でも乗れる

桃園空港の利用者は、毎日10万人近くいます。

その中には、お年寄りや移動に配慮が必要な方もいます。

そのような方のために、桃園空港では8台の電動カートを用意し、無料で搭乗ゲートまで送り届けています。

この電動カート、実は「搭乗時間に間に合いそうにない!」という、飛行機に乗り遅れそうな人を乗せる事もできるんです。

世界のたくさんの空港でこのような電動カートがありますが、有料の場合が多いそうです。

その点、桃園空港は無料なので、良心的。

この電動カートは「お年寄りや移動に配慮が必要な方(けがをしているとか体調が悪いとか)」のためのもの。

健康で元気な人は、「搭乗時間に遅れないように」搭乗ゲートまで行くよう心がけてください。

むやみやたらに使うのはやめましょう。

3.免税店には無料ラッピングサービスがある

昇恆昌免税店(ever rich)で買ったものを、昇恆昌免税店(ever rich)の総合サービスインフォメーションへ持って行きましょう。

ever richの包装紙でラッピングし、さらにリボンをつけてくれます。

ラッピング料は無料

免税店には無料ラッピングサービスがある 昇恆昌免税店(ever rich)で買ったものを、昇恆昌免税店(ever rich)の総合サービスインフォメーションへ持って行きましょう。 ever richの包装紙でラッピングし、さらにリボンをつけてくれます。 ラッピング料は無料。

4.世界で最も安いハガキがある

桃園空港の第二ターミナルは、各搭乗ゲートごとに違ったテーマで装飾を施していますね。

C7ゲートは郵便をテーマにしています。

そのC7ゲートで、無料でハガキをもらえます。

そして住所などを記入し、C7ゲートにある「本物の」郵便ポストに投函する事ができるんです。

(右下の緑のポストが「本物の」ポスト)

第一ターミナルの人はどうすれば?

第一ターミナルの方は、先述の昇恆昌免税店(ever rich)の総合サービスインフォメーションへ行きましょう。

そこで郵便切手を販売しています。

ハガキはどこかで買ってくださいね。

(空港内のお土産屋さんとかにあるはず)

そしてインフォメーションにある郵便ポストに投函しましょう。

5.桃園空港の総面積は、モナコ公国の国土より大きい

フランスの南にあるモナコ公国。

モナコは世界で二番目に小さい国で、国土は2.02㎢。

桃園空港の総面積は11.4㎢。

6.桃園空港は台北松山空港より北にある

桃園空港は北緯25°4′35″。

松山空港は北緯25°4′11″。

7.桃園空港で方文山に会える

ジェイ・チョウへの歌詞提供でも知られている台湾の有名作詞家・方文山。

彼が書いた詩が、桃園空港第一ターミナル出国ロビーにあります。

字も方文山の自筆だそうです。

この詩に曲をつけ、徐佳瑩が『在旅行的路上』というタイトルで歌っています。

この曲のMVは、もちろんここ桃園空港で撮影されています。

まとめ

桃園空港を利用する際には、ぜひこれらのトリビアに注目してみてください。

参照元 桃機失物招領千奇百怪 每年遺失2千件的No.1竟是…

Pick up! 台湾桃園国際空港のフードコートは美食天国!出国ギリギリまで食を楽しもう!

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!