1日単位で宿泊可能な”日租”に泊まってみた 台湾の住宅を体験できるので留学や長期滞在を考えている人は利用価値アリかも

台湾 日租

いま台湾で流行っているらしい、”日租”。家を持っている人が空き部屋解消のために旅行者へ1日単位で貸し出している部屋のことです。

完全な日租としてインテリアにもこだわってアメニティも用意して営業している部屋もあれば、「民泊」という感じで賃貸用の住宅が空いてるから借主が見つかるまで日租として貸し出している、普通に家主が居住している住宅で3部屋あるうちの1部屋が空いてるから貸し出している、など形態はさまざま。

 

”日租”の部屋を探すには、下記のようなサイトがあります。

・世界最大の”日租”サイト、airbnb

日租台北

台湾 日租

参考写真:台北駅近くの日租/Sean 翔

値段もホテルに泊まるよりは安く、物件によっては駅近もあります。

今回管理人は友人が「賃貸用だけど借主が見つかるまで日租として貸し出している」部屋があるというので、そこへ泊まってみました。

MRT市政府駅から徒歩5分の、台北で一番分譲価格が高い場所といわれているエリアのマンションで1泊1,800元(約6,000円)。お金持ちはこうやってさらに小銭を稼ぐのか・・・。

台湾 日租

参考写真:西門町の日租/Ying Yu

宿泊時に家主からマンションの鍵の開け方、シャワーのお湯の出し方は聞いておきましょう。

台北のマンションは主に自分の部屋の鍵・マンション内に入る入り口の鍵・そのフロアに入るドアの鍵の最低3つは鍵があります。

台北のマンションは防犯のためか、ガチガチに鍵をかけられているのですが、なぜか自分の部屋には鍵だけでチェーンがないとかいう詰めの甘い部屋が多かったりもします。

また、台湾の住宅ではシャワーのお湯はまずタンクのスイッチを入れて10分くらいしたらタンクにお湯が湧くからそれからシャワーを浴びる、タンクのお湯がなくなるとお湯が出ない・・・という場合が多いです。

台湾では年中暖かいのでお風呂で温まるという感覚はないんですよね。

 

管理人が泊まった部屋は、借主が見つかるまで一時的に貸し出している部屋なので、インテリアにはそれほどこだわっておらず、ベッドと机とソファとクローゼットと冷蔵庫があるだけで、寝具やテレビなどは宿泊者がいるときにその都度持ってくるとか。

台湾の賃貸住宅では、ベッドや机など家具家電付というのが基本なので、普通に家を借りるときでも自分で用意する必要がなくて楽チン。

 

台湾の”日租”を利用するメリット

・台湾の住宅を体験できるので、留学や長期滞在を考えている人は利用価値アリかも

特に台北は部屋が狭い。

シャワー・トイレ・洗面台はユニットバスのバスタブがない状態、ひとり暮らし用の部屋はキッチンなし、外に布団を干す習慣がない、洗濯物も外に干さず基本乾燥機で・・・という日本とは違う生活が受け入れられるかどうか、数日間泊まって体験してみるのもいいでしょう。

・ホテルが取れないときの最終手段

どうしてもこのエリアのホテルに泊まりたいけど、全部満室で取れなかった・・・このスポットの近くに泊まりたいけど、ホテルがない・・・というときの、最終手段にはなると思います。

 

台湾の”日租”を利用するデメリット

・利用は「自己責任」

清潔な部屋と書いてあっても、台湾人が管理している一般の住宅なので、日本人が思う「清潔さ」とは違うかもしれません。

火災が起こって逃げ遅れたとしても、すべて自己責任です。

・中国語ができない人には利用が難しい

家主は台湾人がほとんど。日本語ができる人もいますが、ほとんどは中国語もしくは英語対応のみです。

 

結構グレーゾーンではある日租ですが、利用の仕方によってはとっても便利。利用する際には、メリット・デメリットを踏まえたうえで自己責任でお願いします。

Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
Sponsored Links
【あわせて読みたい】