台湾旅行のホテル予約におすすめの予約サイト4選!

4071588_229_z

ホテル予約サイトには大きく分けて「外資系のホテル予約サイト」と「日系のホテル予約サイト」があります。

日系のホテル予約サイトは日本人に使いやすいというメリットもありますが、海外のホテルは掲載数が少ないため希望のホテルが予約できないことも。

台湾旅行に行くなら、やはり外資系のホテル予約サイトを使うほうがオトク。掲載数が多く、しかも安く予約できることが多いんですよ。

外資系のホテル予約サイトですが、サイトはすべて日本語表記なので、安心して予約できます。

 

1.Hotels.com

Hotels.comの最大の特徴は「Hotels.com Rewards」という独自のシステム。

10泊すると1泊無料になります。

日本国内の宿泊先でも「Hotels.com Rewards」のロゴが付いていれば対象になるので、日本国内の観光や出張でも宿泊数をためられます。

ただし、

 Hotels.com宿泊数を10泊ためると対象ホテルでご利用いただける 1泊分の無料宿泊特典を獲得できます。無料宿泊でご利用できる金額は、10泊分の部屋料金の1日あたりの平均金額となります。

とのこと。

安いホテルばかり泊まって、無料宿泊特典で高級ホテルに泊まる、という事はできません。



しかし、無料宿泊特典に差額をプラスすれば、より高い料金のホテルに宿泊することもできます。無料宿泊特典より安いホテルに宿泊した場合、差額の返金はありません。

この「Hotels.com Rewards」は、有効期間が最終利用日から12ヶ月。1年に1回利用していれば、何年でも有効期間を引き延ばせるということですね。

Hotels.comはTwitterやLINE公式アカウントでよく8%OFFなどのクーポンを発行しています。

 

>>ホテル予約ならHotels.com

2.Expedia

世界No.1のホテル予約サイト、エクスペディア。上記Hotels.comの親会社です。

エクスペディアの特徴は、直前割引があること。

突如思い立ったから、LCCのセールがあったから、など勢いで飛行機チケットを買ってしまった場合でも、エクスペディアなら直前割引があるのでお得。



3.Booking.com

オランダのアムステルダムに本社を置くBooking.com。

最高級ホテルはもちろん、日系のホテル予約サイトでは取扱いのないようなバックパッカー向けのホステル、アパートメント、ゲストハウスなども取り扱っているのが特徴。


4.HotelTravel.com

ホテルトラベルは近年急速に成長してきたホテル予約サイトの一つ。

インドのオンライン旅行サービス最大手であるメイクマイトリップ社の傘下にあります。

現在、アジアの都市やリゾート地の宿泊施設に力を入れています。


 

最低価格保証にはこだわるな!

ほとんどの外資系サイトで「最低価格保証」があります。

予約を完了した後に、同じホテルが他のサイトでさらに安く出ていた場合、その差額分を返金するというシステムです。

しかし、同じホテルで各予約サイトでの価格差はせいぜい数百円くらいです。

さらに、返金額もせいぜい数百円くらいです。

予約後にまた違うサイトを検索するという労力をかけるよりも、「いつもこのサイトを使う」というサイトをひとつ決めておいて、「ホテルを予約しよう!」と思った時にさっさと予約したほうが良いと思います。

予約後にいつまでもホテルの宿泊代を気にしているのは時間の無駄。その時間で他の事をやりましょう。

 

個人的にはHotels.comで10泊ためていくのがいいと思います。>>Hotels.com

Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
follow us in feedly
Sponsored Links
【あわせて読みたい】