この記事をシェア!

台湾新幹線のグリーン車が安い!しかも飲み物+おやつ付でオトク!

この記事をシェア!

台湾新幹線のグリーン車が安い!しかも飲み物+おやつ付でオトク!

桃園国際空港から、いつも空港バスで台北市内に行っている方、たまには台湾新幹線で行ってみませんか?

台湾新幹線(台灣高鐵)は、日本の新幹線技術を採用しています。

車両も700T型を参考にしているため、見た目・内装とも、日本の新幹線とほぼ同じ。

グリーン車(商務車廂)・普通車指定席(標準車廂)・普通車自由席(自由座車廂)があるのも、同じです。

今回、桃園空港から台北市内へ行く際に、高鐵桃園駅―高鐵台北駅の区間を、グリーン車(商務車廂)に乗って移動してみました。

2017年3月に、桃園空港と台北駅とを結ぶ桃園空港MRTが開通しました。
ですから、今は桃園空港―高鐵桃園駅―高鐵台北駅を使う人は少ないと思いますが、高鐵で台北―台中、台北―高雄などへ行く場合の、グリーン車の参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

桃園空港から台湾新幹線で台北へ

桃園空港から高鐵桃園駅へ

桃園空港から、高鐵桃園駅行きのシャトルバスがあります。

乗車時間約15分、片道30元です。

高鐵桃園駅のホーム

高鐵桃園駅のホーム

高鐵桃園駅から高鐵台北駅へ

高鐵桃園駅から高鐵台北駅までは、乗車時間わずか20分。

20分という短さですが、ここはグリーン車(商務車廂)に乗ることをおすすめします。

な・ぜ・な・ら!

グリーン車(商務車廂)のチケット代が、片道380元(約1,400円)という安さなのに、日本とほぼ同じ造りのグリーン車に乗れ、無料のウェルカムドリンク+おやつ+おしぼりサービスがあるからです。

グリーン車(商務車廂)の内部

日本の新幹線と同じ雰囲気

日本の新幹線と同じ雰囲気

グリーン車(商務車廂)の座席。2列‐2列のシート。

グリーン車(商務車廂)の座席。2列‐2列のシート。

コーヒーと、おやつのカップケーキ。ミルクと砂糖とマドラー付。左下はおしぼり。

コーヒーと、おやつのカップケーキ。ミルクと砂糖とマドラー付。左下はおしぼり。

ドリンクは、お茶やコーヒーなど数種類あります。

乗ったらすぐドリンクサービスが回ってきます。

後でゴミ袋を持ったお姉さんが回ってくるので、ゴミもきちんと片づけましょう。

座席の横には、イヤホンを挿す穴があります。

自分のイヤホンを挿し込めば、音楽を聴く事もできますよ。

座席の横には、イヤホンを挿す穴があります。  自分のイヤホンを挿し込めば、音楽を聴く事もできますよ。

イヤホンは持参して下さい。

注意点

高鐵桃園駅―高鐵台北駅は、20分~30分に1本のみ。

待ち時間も含めると、時間的には、バスとそれほど変わりません。

高鐵桃園駅は、全列車停車駅ではありません。ご注意下さい。

20分という短い乗車時間は、ドリンクを飲んで、おやつを食べていると、本当にあっと言う間。

ゆっくりくつろげるという訳でもありません。

しかし、バスよりは広い座席ですし、一度グリーン車の雰囲気を味わってみたい方、鉄道好きの方などは、乗ってみる価値がありそうです。

まとめ

高鐵桃園駅―高鐵台北駅は、乗車時間20分、グリーン車(商務車廂)のチケット代片道380元(約1,400円)。

あくまで「380元を日本円に換算すると約1,400円で、しかもドリンクとおやつが付いてくるから、日本人にとっては安い」というだけで、台湾人にとっては言うほど安くありません。

台湾人と一緒に高鐵に乗る際には、安易に商務車廂を薦めるべきではありません。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています