この記事をシェア!

台湾で無料Wi-Fiを使うには?日本から申請可能なTaipei Freeに申し込もう!

この記事をシェア!

台湾で無料Wi-Fiを使うには?日本から申請可能なTaipei Freeに申し込もう!

台湾でいま爆発的に広がっている政府主導の無料Wi-Fi。台湾はIT企業や電子部品メーカーが多いことや、国内市場が狭いので外国人観光客を呼び込まないといけいない事情などから無料Wi-Fiの整備などのデジタル面では日本よりも先を行っている気がします。

スポンサーリンク

台湾の無料Wi-Fi

  1. Taipei Free(台北市政府提供) 日本語HPあり
  2. iTaiwan(台湾政府提供のため台湾全土にホットスポットがある)
  3. NewTaipei(新北市政府提供)
  4. Tainan-WiFi(台南市政府提供)
  5. 7-11Wi-Fi(台湾全土にある7-11で1回30分1日3回まで無料で使える)

1~4はどれか1つにアカウントを登録しておけば、相互利用が可能です。台北松山空港や台北駅などのビジターインフォメーションカウンターで登録できます。日本からネットでの事前申請も可能です。旅行に行く前に申請しておけば、旅行中の時間を無駄にせずに済みますね。

Taipei Freeが日本語HPもあるので登録しやすいでしょう。カウンターで登録すると、IDがパスポート番号、パスワードが生年月日で登録されるようなので、事前登録でもそのようにしておくと忘れなくていいかもしれません。

現地での使い方

Taipei Free

画像/Taipei Free

左の画像のように、Wi-Fiをオンにすると「TPE-Free」とWi-Fi一覧に出てきますので、それを選んで接続してください。

Wi-Fiですので、駅や主要観光スポットなどのホットスポットから電波の届く距離でしか使えません。使用する場合は動かずにその場で使うということが重要です。ちょっと調べ物をしたいとき、何か困った時には便利です。

台湾ではホテルでも無料Wi-Fiを提供しているホテルが多いので、ホテルを決める際にはそこも重視して決めてみてください。特に出張できているビジネスマンにとっては、ネットがつながらないと仕事にならないでしょうから。

日本でも無料Wi-Fiが整備されれば、もっと外国人観光客が増えるのでは・・・と思うのですが、なかなか難しいところがあるのでしょうね。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています