この記事をシェアする

台湾で無料Wi-Fiを使うには?日本から申請可能なTaipei Freeに申し込もう!

この記事をシェアする


台湾で無料Wi-Fiを使うには?日本から申請可能なTaipei Freeに申し込もう!

台湾でいま爆発的に広がっている、政府主導の無料Wi-Fi。

日本よりIT先進国である台湾、どんどん無料Wi-Fiが使えるところが増えています。

(日本も台湾のこういうところは見習ってほしいんですけどねぇ)

今回は、台湾旅行の際に便利な、政府主導の無料Wi-Fiについて、また、その無料Wi-Fiの登録方法についてまとめました。

台湾の政府がやっている無料Wi-Fi

主なものは下記。

これら以外にも、ホテルやお店が無料Wi-Fiを設置している場合が多いので、とりあえず台湾で「無料Wi-Fiが無い!」と困る事はないでしょう。

  1. Taipei Free(台北市政府提供):日本語HPあり
  2. iTaiwan(台湾政府提供):台湾全土にホットスポットあり
  3. NewTaipei(新北市政府提供):九份や十分は新北市です
  4. Tainan-WiFi(台南市政府提供)

1~4は、どれか1つにアカウントを登録しておけば、相互利用が可能です。

日本語HPがあるTaipei Freeが、登録しやすいと思います。

Taipei Freeの登録方法

台北松山空港や台北駅などの、ビジターインフォメーションカウンターで登録できます。

また、日本の携帯電話番号があれば、日本からネットでの事前申請も可能です。

旅行に行く前に申請しておけば、登録する手間が省けるので、旅行中の時間を有効的に使えます。

日本からネットで事前申請する方法

  1. Taipei Free日本語版HPにアクセス
  2. 「無料アカウントの申請」をクリック
  3. 「国を選択してください」
  4. 「携帯電話番号を入力してください」(最初の0を外して入力。携帯電話番号がIDとなります)
  5. 「ご自分で選んだパスワードを入力してください」
  6. 「無線LANパスワードを再入力してください」
  7. 「メールアドレスを入力してください」
  8. 同意ボタンにチェックを入れ、「次へ」を押す

5番目と6番目は、同じパスワードを入れてください。

日本語版だと変な文章になっていますが、6番目は単に「パスワードの再入力」という項目です。

入力した携帯電話番号に、認証コードが届きます。

「認証コードを入力します」をクリックし、その認証コードを入力。

これで、Taipei Freeが使えるようになりました。

現地での使い方

下の画像のように、Wi-Fiをオンにすると「TPE-Free」と一覧に出てきますので、それを選んで接続してください。

現地での使い方 下の画像のように、Wi-Fiをオンにすると「TPE-Free」と一覧に出てきますので、それを選んで接続してください。

画像/Taipei Free

接続するには、IDとして携帯電話番号を入力、そして事前登録時に決めたパスワードを入力してください。

Wi-Fiスポット

主なWi-Fiスポットはこちら。

  • 台北の地下鉄の駅
  • 夜市や市場の一部
  • 学校・市役所・郵便局・病院の一部
  • 主要道路の一部

など、たくさんあります。

地図上でWi-Fiスポットを確認したい方は、Taipei Freeのアプリがありますので、そちらを使って確認してください。

Android版:Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網

iPhone版:Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網

まとめ

Wi-Fiは、Wi-Fiスポットから電波の届く範囲でしか使えません。

Wi-Fiを使用する場合は、動かずにその場で使う、ということが重要です。

日本でも、もっと無料Wi-Fiが整備されれば、もっと外国人観光客が増えるのでは・・・と思うのですが、決定権を持っている上の人たちがWi-Fiの便利さを知らないので、GOサインが出ないんでしょうね。

Wi-Fiはレンタルも可能>>海外行くなら!イモトのWiFi

おすすめ記事
【おすすめ記事】
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!