この記事をシェアする

高雄の客家料理レストラン「美濃客家菜」。店内でお土産の購入も可能

この記事をシェアする


高雄の客家料理レストラン「美濃客家菜」。店内でお土産の購入も可能
タイガーエア台湾さんにご招待頂き、高雄メディアツアーに参加してきました。
タイガーエア台湾には、成田ー高雄の直行便があります。

どんな団体客も余裕で入れる大型レストラン!

が、サービスはとっても細やか!

高雄の客家料理店「美濃客家菜」(大中店)で客家料理を頂きました。

客家料理と言えばココ!と言えるほどの老舗で、旅行会社が企画する団体ツアーでもよく利用されています。

団体ツアーの途中で回るレストランのコース料理・・・と聞くとあまり期待できない、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、そんなことはありません。

見た目においしく、工夫も凝らされた料理に加え、行き届いた細やかなサービスを提供するこのお店は、きっとあなたを満足させてくれるでしょう。

加えて、個人的にお勧めしたいのは、豊富なお土産!


アクセス

台湾高鐵(新幹線)新左營駅または高雄MRT赤線左營駅から、徒歩9分。

「美濃客家菜」(大中店) 店舗全景

歪んでしまいましたが、店舗全景です。

客家料理の基礎知識

さて、お店の情報の前に、客家料理の特長について簡単に説明します。

まず、客家人とは、元々、中国北方に住んでいた、自分の国を持たない民族です。

時には迫害されながら、各地へと移住を繰り返してきました。

そのため、「中国のユダヤ人」と言われることもあります。

常に移動を繰り返していたため、彼らの多くは田畑を持てず、商売を営んで生活をしてきました。

商売上手なところも、ユダヤ人に似ているかも知れませんね。

そんな彼らは、移住後の新天地でも、すぐにまっとうな生活を始められるよう、必然的に、

  • どんな物でも工夫して食べること
  • 保存食を活用すること

を生活の知恵としてきました。

その様な特異な境遇によって育まれたのが、現在でも続く、

  • 動物の内臓などもおいしく頂く
  • 乾燥や発酵を上手に利用し、長期保存を可能にする

という特長を持った、客家料理です。

客家料理を頂きました

「美濃客家菜」(大中店) このシンプルで清潔なテーブルセットを見ただけでも期待できますね~!

このシンプルで清潔なテーブルセットを見ただけでも期待できますね~!

前菜

まずは前菜。

「美濃客家菜」(大中店) 器が台湾の形をしております。傘が刺さっているのも可愛い。

器が台湾の形をしております。傘が刺さっているのも可愛い。

次に、お野菜。

「美濃野蓮」という野菜は、水蓮とも呼ばれていて、日本では絶対食べられないので、必食の野菜です!

シャッキシャキで最高においしい!

「美濃客家菜」(大中店) 美濃野蓮

美濃野蓮

美濃野蓮は、大人の胸まで浸かる池の中で育てる変わった野菜。

収穫時には2mを超えるほど長く長く成長します。

そしてタケノコ。

「美濃客家菜」(大中店) タケノコ

同じくシャッキシャキのタケノコ

台湾通の方は気付いている方も多いと思いますが、実は日本のタケノコと台湾のタケノコは、品種が違います。

日本は春先にだけ食べられる孟宗竹ですが、台湾では冬以外なら採れる「麻竹」という竹を食べています。

麻竹はよくメンマの製造に使われる竹で、えぐみが少なく、たくさん食べても胸やけを起こしません。

メイン

メインは大きな「刮包」がオススメです。

店員さんが一つ包んで食べ方を教えてくれます。

大きな豚の角煮は絶妙な甘じょっぱさで、口に含んだ瞬間トロけていきます。

こんな風に、ホカホカの饅頭の皮に、ピーナツの粉、漬物、角煮、タケノコ、ネギなどを挟んで頂きます。

甘じょっぱくて最高においしい・・・。

▼店員さんが包んでくれました。(動画)

スープ

また、「福菜」という漬物を使ったスープもオススメです。

一緒に煮込んだ漬物の優しい塩味が、鶏から出る出汁と油を引き立てて、シンプルなのに滋味深い!

これは特に客家らしい料理なので、是非食べてみてくださいね。

「美濃客家菜」(大中店) スープ

お土産品も要チェック

先ほどの福菜の漬物、店内のお土産コーナーでも販売されています!

漬物の種類はキャベツとカラシナ(福菜)の2種類。

1ヶ月ほどの時間をかけて、じっくりと発酵・熟成されるそうです。

「美濃客家菜」(大中店) 高粱酒の瓶に漬物が入っています。

高粱酒の瓶に漬物が入っています。

収穫後の野菜を塩水につけ、数日後、取り出して塩漬けにし漬け込み、その後、洗って天日干しにしたものを、一枚一枚、瓶にギッシリと詰め込んで造られるそうです。

高粱酒の瓶を洗浄し、そのまま再利用して瓶詰しているところに、なんだか農村の手作り感の魅力が滲み出ていて堪りませんね!

これだけ手間がかかっていて、ギッシリ詰まっていて200元。

もしもここで食事をする時間が無くても、お土産に買って帰る価値あり!

野菜ですが、漬物なので日本へ持ち帰りOK!

発酵も完全に済んでいるそうなので、荷物の中で爆発する、なんて心配も無用だとか。

因みに、使い方はとっても簡単!

炒め物やスープに、塩の代わりに入れるだけで、一気に本格的な客家料理の味わいが自宅で再現できます!

「美濃客家菜」(大中店) お店の入り口付近にあるお土産品コーナー

お店の入り口付近にあるお土産品コーナー

このお店でしか手に入らないお土産も多いので、他とかぶらないお土産が欲しい人には超お勧めです。

個人的には↑で紹介した瓶詰の「福菜」と、画像中央の「梅粉」です。

ここの梅粉は他店のと違って、塩分がかなり控えめで、さっぱりした酸味と甘みが際立っています。

梅粉を食べ慣れている台湾ファンの皆さんにも非常に新鮮です。

まとめ

高雄で客家料理を食べたいなら、美濃客家菜へ。

「美濃客家菜」(大中店) スタッフの方々

皆さんお見送りしてくれました

以上、食事も土産もサービスも充実の美濃客家菜でした!

店名:美濃客家菜(大中店)

住所:高雄市左營區華夏路1062號

TEL:07-343-1100

営業時間:11:00-14:00、17:00-21:00

高雄市左營區華夏路1062號
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!