この記事をシェアする

リビエラホテル台北に泊まってみた。ヨーロッパ調の雰囲気が素敵!

この記事をシェアする

リビエラホテル台北に泊まってみた。ヨーロッパ調の雰囲気が素敵!

今回、リビエラホテル台北に宿泊したので、紹介します。

リビエラホテル台北は、台北地下鉄の圓山駅1番出口もしくは中山國小駅1番出口から、ともに徒歩10分ほどのところにあります。

ヨーロッパ調の外観をしたステキなホテルです。

スタッフの方々は、皆さん日本語を話せます。

ホテルからの片道のみですが、故宮博物院・台北101・士林夜市などへの無料バスもあるそうです。

また、ホテルの屋上庭園では、グランドホテル(圓山大飯店)をバックに飛行機が飛んでいく様子を撮影できますよ。

写真が趣味の人にもオススメのホテル。


チェックイン

リビエラホテル

(ホテル提供写真)

ドアマンにドアを開けてもらうと、目の前には、座ってチェックインができるカウンターがあります。

荷物を持って歩いて来た場合、疲れているので、座ってチェックインができるのは嬉しいですね。

リビエラホテル チェックインカウンター

チェックインカウンター

リビエラホテル ロビー

チェックインカウンターの奥は、気持ちいい吹き抜けになっています。

そして、チェックアウトカウンターがチェックインカウンターと別になっています。

混雑する事なく手続きできて、とても良いですね!

リビエラホテル チェックアウトカウンター

チェックアウトカウンター

デラックスツインに宿泊しました

今回泊まったお部屋は、デラックスツインタイプのお部屋です。

リビエラホテル デラックスツイン

リビエラホテル デラックスツイン 設備

リビエラホテル デラックスツイン 窓付き

温かみのある色使いと丁度いい明るさ、空間がとてもリラックスすることができました。

リビエラホテルは全部屋窓付きだそうで、高層階は圓山を見ることもできます。

台湾のホテルは窓がない部屋も多いので、窓がある事は部屋で気持ち良く過ごせる理由のひとつでもありますね。

バス・トイレ

トイレは各部屋TOTOウォシュレット完備。

鏡の周りにはライトがあります。女性にとっては嬉しいですよね!

浴槽があるのも嬉しいポイント。

リビエラホテル デラックスツイン バス・トイレ

リビエラホテル デラックスツイン バス・トイレ2

アメニティ

アメニティや設備にも、ホテル側のお客様へのサービス精神とこだわりが見られます。

アメニティ類は、ドイツのナチュラル素材にこだわったブランド「ECO By Green Culture」。

その他、ソーイングセットやヘエアゴムなど、女性に優しいセットがあります。

リビエラホテル デラックスツイン アメニティ

リビエラホテル デラックスツイン アメニティ 綿棒

ビジネスなど長期滞在者向けに、アイロンや、ヨガマット、DVDプレーヤーも全部屋に設置しているそうです。

リビエラホテル デラックスツイン アイロン

アイロン

リビエラホテル デラックスツイン ヨガマット

ヨガマット

リビエラホテル デラックスツイン DVDプレイヤー

DVDプレイヤー

コーヒーやお茶(無料)はもちろん、冷蔵庫の中のドリンク(有料)も、とても充実していました。

お茶の入れ方の説明書もあったりと、居心地が良く、チェックアウト時間ギリギリまで部屋に長居してしまいました。

リビエラホテル デラックスツイン ドリンク

こちらのドリンクは無料

リビエラホテル デラックスツイン 冷蔵庫の中

冷蔵庫の中のドリンクは有料

プレミア・エグゼクティブダブルルーム

今回特別に、他の部屋も見させていただきました。

お仕事で長い滞在などにおすすめの、商談スペースもある、プレミア・エグゼクティブダブルルーム。

リビエラホテル プレミア・エグゼクティブダブルルーム

リビエラホテル プレミア・エグゼクティブダブルルーム

デラックス・スイートルーム

広々とした部屋で、贅沢な休日を。

結婚式でご利用の際などもおすすめ。

リビエラホテル デラックス・スイートルーム

リビエラホテル デラックス・スイートルーム 鏡台

リビエラホテル デラックス・スイートルーム 豪華な設備

リビエラホテル デラックス・スイートルーム バストイレ

全部屋とも、ヨーロッパ風アンティーク調の家具やベットカバーが使われており、こだわりを感じます。

共用スペースも素敵

そして各階の共有スペースも、空間を贅沢に使用し、各所で宿泊のお客様への配慮を感じることができました。

エレベーター前は各階違うコンセプト

今回泊まらせていただいた6階のエレベーター前は、こんな感じのデザインです。

ソファ横には雑誌などがおいてあり、ここでゆっくりすることも可能です。

リビエラホテル 今回泊まらせていただいた6階のエレベーター前は、こんな感じのデザインです。

他の階は、また違った雰囲気で造られています。

吹き抜けの花は本物

吹き抜け部分の植物が造花でないことにびっくりしました。

手入れされていて、見て癒されます。

談話スペースもあり

7階部分には、自然光が入り、とても雰囲気の良い談話スペースがあります。

ホテルの方曰く、時間により太陽光の入り方が違い、毎時間違う雰囲気を味わえる設計になっているとのこと。

たしかに朝と夕方では全く違いますね。

リビエラホテル 談話スペース、朝

談話スペース、朝

リビエラホテル 談話スペース、夕方

談話スペース、夕方

談話スペースにあるこのタイルは、手描きで描かれています。

味があってステキです。

リビエラホテル タイル

朝食は1階レストランで

そして、ホテルに泊まる楽しみの一つでもある、朝ごはん。

1階の地中海ステーキレストランが、朝食スペースになります。

バイキング形式で、和洋中と揃っている上に、日本食は東京の八芳園の監修のもとに開発されているそうです。

その場で焼いてくれるオムレツや、小籠包・お粥などの中華料理はもちろん、種類豊富なパンもあります。

パンは1階のケーキ屋さんのパンで、どれも美味しかったです。

リビエラホテル 朝食 サラダ

リビエラホテル 朝食 炒め物

リビエラホテル 朝食 小籠包

リビエラホテル 朝食 パン

リビエラホテル 朝食 フルーツ

1階のケーキ屋さんは、宿泊者でなくても利用できます。

ケーキ屋さんは、ハンバーガーやアフタヌーンティーが楽しめるカフェレストランとなっています。

また、2階にある、ヨットがテーマのレストランでは、西洋料理が楽しめるそうです。

まとめ

ホテルのオーナーの、こだわりぬいた装飾や家具。

そして、空間と居心地の良さを大切に、お客様にゆっくり休んでいってほしいという気遣いを、至る所に感じることができました。

ビジネスでの長期滞在者向けにもぴったりのホテルですが、たまには自分へのご褒美で、こちらのホテルでゆっくりと過ごすのも、良いのではないでしょうか。

THE RIVIERA HOTEL 歐華酒店

住所:台北市林森北路646號

TEL:(02)2585-3258

HP(予約可):http://www.rivierataipei.com/jp/index.asp

※圓山駅/中山國小駅/ホテル前にはYouBikeステーションもあります。

台北市林森北路646號

【Booking.com】世界のホテル割引予約

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!