この記事をシェア!

台湾人「なんで外国人はパイナップルケーキ買うの?」「旅行本の洗脳」

この記事をシェア!

台湾人「なんで外国人はパイナップルケーキ買うの?」「旅行本の洗脳」

台湾土産といえばパイナップルケーキ

お土産食品メーカー・高級ホテル・パン屋・ケーキ屋などさまざまなお店が販売しており、今では小籠包の名店・鼎泰豐(ディンタイフォン)までもがパイナップルケーキを販売しています。

しかし、パイナップルケーキで盛り上がっているのは、外国人だけのようです。

台湾ネット民「さっき外国人の友達が、『台湾では必ずパイナップルケーキを買うよ』って言ってた。なぜだろう?台湾には他にもたくさんのお土産用品があるのに。茶葉を買ったっていいだろうに。」

スポンサーリンク

外国人がパイナップルケーキを買う事を台湾人はどう思っている?

「黑人牙膏(歯磨き粉)だってあるよ」

台湾に住んだ事がある人にはおなじみ/黑人牙膏

台湾に住んだ事がある人にはおなじみ/黑人牙膏

「俺が外国人だったら、パイナップルケーキ買ってると思う」

パイナップルケーキにパイナップルは入っていない。太陽餅に太陽は入っていない」

「おいしいもん」

「他の国にはないから」

「外国人は好きだよね。俺は海外に行くときお土産として持って行くよ」

不味いパイナップルケーキって少ないから、お土産として無難なんだよ」

「あれって、パイナップル風味の冬瓜酥なのにね」

「ガイドブックとか旅行番組の洗脳だよ」

「大学の実験室にみんなのおやつとして置いてるけど、外国人はよく食べてるわ」

「パイナップルケーキの新しいメーカーは、冬瓜使ってないよ」

パイナップルケーキは冬瓜餡

パイナップルケーキにパイナップルが入っているとは限りません。詳しく言うと、下記のとおり。

  1. パイナップル100%の餡
  2. パイナップルと冬瓜を混ぜた餡
  3. 冬瓜100%の餡
  4. その他パイナップルジャムなどを使っている

昔はパイナップル100%だったが、パイナップルが高い時代だったため冬瓜を使うようになり、今は原点回帰でパイナップル100%の餡を使ったパイナップルケーキも増えた、という流れです。

冬瓜を使っているから“ニセモノ”という訳ではありません。

また、「土鳳梨酥がパイナップル100%の餡」と言われていますが、土鳳梨とは台湾産パイナップルという意味だけで、パイナップル100%の餡とは限りません。

パイナップルケーキを買う時に、「原材料名に冬瓜という文字が無く、鳳梨(パイナップル)という文字があるか」を見た方がいいでしょう。

お土産には最適

「台湾土産にパイナップルケーキ」、確かにガイドブックやネットの洗脳かもしれませんね。

でも、パイナップルケーキはお土産に最適なんです!

なぜなら、

  1. あまり好き嫌いの分かれるものではないので、万人受けする
  2. 台湾内ならどこでも売っているので、買いやすい
  3. パッケージが美しいものが多い
  4. 個包装されているので、バラマキやすい
  5. お土産用のものなら日持ちする(1カ月~3カ月くらい)

と、とっても便利なんです!

からすみやヌガーなどは結構好き嫌いが分かれてしまいますが、パイナップルケーキなら無難です。

参照元:[問卦] 來臺灣一定要買鳳梨酥?

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています