この記事をシェア!

台湾のレシート宝くじの当選確認方法!スマホアプリを使えば楽々♪

この記事をシェア!

台湾のレシート宝くじの当選確認方法!スマホアプリを使えば楽々♪

台湾では夜市の屋台や一部小さな飲食店を除くほとんどのお店で、日本同様レシートが発行されます。

しかしこの台湾のレシートが日本のレシートと違うところは、台湾のレシートが「宝くじ」になっていること。

2か月に1回当選番号が発表されるので、当たっているかどうかワクワクするんですよね。

台湾に住んでいる外国人や、旅行で台湾に遊びに来た外国人でも、レシートとパスポートさえあれば当選金と引き換えられます(注意:免税で購入した場合は対象外です)。

スポンサーリンク

レシート宝くじってどんなもの?

台湾のスーパーやコンビニでもらうレシート、今までは下の写真の右側のように、上部に数字8ケタの宝くじ番号が印刷され、その下に何を買ったかの明細が印字される無駄に長いレシートでした。

しかし、最近は下の写真の左側のような「電子レシート(電子發票證明聯)」になっているものが多く、右側のQRコードに買い物明細、左側のQRコードに電子レシート情報(日付、宝くじ番号など)が刻まれています。

電子發票證明聯

もらったのが「電子レシート(電子發票證明聯)」だった場合、明細も欲しい時は、「我要明細」と言えば「交易明細」と書かれた明細をもらえます。

この「電子レシート(電子發票證明聯)」はスマホアプリで当選を確認することができます。当選確認アプリはたくさんあるのですが、そのうちのひとつを紹介します。

無料アプリ「發票+」

使用方法はいたって簡単。アプリの中のカメラ機能を利用してバーコードを取り込むのみ。

  • 無料アプリ「發票+」

    当選確認アプリ 「發票+」

  • 無料アプリ「發票+」

    このように2つのQRコードを読み込む。時々レシートの印刷が上手くいかずQRコードに空白ができているが、それでも読み込めることが多いのでご心配なく。

  • 無料アプリ「發票+」

    アプリ内に取り込まれたレシート。赤い数字の宝くじ番号の他、日付、買ったもの、金額が取り込まれた。

  • 無料アプリ「發票+」

    取り込んだレシート一覧。

当選番号の発表があったら、メインメニューの發票清單→對獎と押せば当選しているかどうか、アプリが自動的にみてくれます。電子レシートをもらったらアプリに取り込んでおいて、当選発表後にまとめて検索すれば楽々。

レシートを日付順にまとめておけば、当選レシートを探すのも簡単です。家計簿機能までには至りませんが、いくら買ったかも表示されるので生活費の目安にもなって良いと思います^^

最近はさらに無實體電子發票なるものが

そして台湾生活上級者編、2年ほど前にスタートした電子レシート「無實體電子發票」についてご紹介します。

これはネットで買い物したときや、手機條碼(個人IDバーコード)を使って買い物したときに発行される電子レシートのことです。

ネットで買い物したとき

台湾人にとっても日本人にとってもネットでの買い物は当たり前の時代。

台湾にはパソコンなどに使用される電子部品メーカーが多いということもあり、台湾のネット普及率は高く、“ネットで何かをする”という事においては日本より進んでいる気がします。

台湾でネット上で買い物すると、メールに「副本レシート」が送られてきます。そのレシートに宝くじ番号(發票號碼)が記載されています。

無實體電子發票 副本

そして当選すると「正本レシート」がメールで自動的に送られてきます。自分で当選番号を照らし合わせる必要はありません。

その「正本レシート」を印刷し、郵便局に持って行けば通常のレシート同様、当選金と交換できます。

手機條碼(個人IDバーコード)を使ったとき

財政部のHPから、手機條碼(個人IDバーコード)を申請すると、ひとりひとりに“バーコード”が与えられ、それをコンビニなどでの支払いの際に“ピッ”としてもらうと、手機條碼の個人IDの中に買い物明細と宝くじレシートが保存されます(紙のレシートは言えば発行されます)。

手機條碼はスマホでも表示ができますし、印刷して普段持ち歩くものに貼っておいてもOK。

  • 無實體電子發票 手機條碼

    スマホで表示/逍遙文工作室

  • 無實體電子發票 手機條碼

    このように手機條碼をPDFデータでダウンロードできます/HYC(shereeh)

  • 無實體電子發票 手機條碼

    スマホで表示でもいいですが、背面カバーに貼っておけばいちいち画面を触る必要がないので楽/瘋科技

  • 無實體電子發票 手機條碼

    今までの紙のレシート。2か月分ともなると大変な量でした/逍遙文工作室

当選がある場合、財政部からメールが届きます。また、7-11のibonなどで手機條碼のコードを入力することでも当選を確認できます。

このように電子レシートは“レシートの紙の節約”“コストの節約”のために行なわれています。外国人にとってはとても複雑で理解するのに苦労する面もありますが、台湾人にとっては1枚1枚照らし合わせる必要がなくなるのでものすごく便利なんですよね。

「無實體電子發票」の当選金額は100万元か、2000元の2種類のみ。何とも極端ですが、100万元は10組、2000元は5000組の当選番号(但しアルファベット2つと8ケタの数字完全一致)があるそうですよ。

当選番号の確認方法

当選発表はこちらの財政部HPから確認できます。

最高の特別賞は1000万元(約4000万円)、最低の副6等でも200元(約800円)ですから、200元でも当たればランチ代くらいにはなるでしょう。

日本でいうYahooニュースのようなネット上の各新聞でも発表日当日はページトップで報道されます。郵便局の窓口にも当選番号が貼ってあります(小さいところはない場合も)。

ちなみに特別賞と特賞が当たった時の場所、何をいくらで買ったかまで発表があります(中獎清冊のページをご覧ください)。

毎回特別賞と特賞はそれぞれ10名以上に当たっています。時には20元ほどの飲み物を購入した人に1千万元が当たっています!そんな情報を見ているとついつい夢を見てしまいます。

誰にでもチャンスがある台湾のレシート宝くじ。もし旅行中のレシートが高額当選したら、頑張って休暇をとって、換金しにまた台湾に来て下さいね^^

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています

コメント

  1. […] チェックは、直接レシートを確認していく方法のほかに、もっと便利な方法もあるそうです。(参考:台湾ZINE「台湾のレシート宝くじの当選確認方法!スマホアプリを使えば楽々♪」) […]