この記事をシェア!

台湾南投県の微熱山丘パイナップルケーキ工場を見学

この記事をシェア!

台湾南投県の微熱山丘パイナップルケーキ工場を見学

台湾の有名パイナップルケーキメーカー「微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ)」。2009年に台湾の南投にてパイナップルケーキの製造を開始し、その後台北をはじめシンガポール、上海にも支店を出し、2013年12月には東京・南青山に日本1号店をオープンさせました。パイナップルケーキは台湾の名物で、地域やメーカーによって素材も味も違います。微熱山丘は特に素材へのこだわりで知られています。

台湾のパイナップルケーキは、昔はパイナップルジャムメインの餡だったのですが、現在はほとんどが冬瓜の果肉がメインの餡を使用しています。微熱山丘の社長・許銘仁氏が「原点回帰したい」という理由で、微熱山丘のパイナップルケーキは完熟パイナップルを煮詰めたジャムだけを使います。今となってはとても珍しい製法のため、製造開始後すぐ台湾で大人気となりました。

台北店や東京店のモダンデザインと違い、南投の製造工場は昔ながらの質素な台湾の古民家を利用しています。三合院造りと呼ばれるこの建築様式は、今では台湾でも珍しいものです。彰化県と南投県にまたがる八卦山境にあり、ツーリングやドライブの休憩スポットとして大人気です。休日になると家族連れで溢れます。

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    パイナップル畑が隣接しています/微熱山丘

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    工場は三合院造りの古民家/快門下的幸福

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    門を入り正面と左右に家屋がある建築様式を三合院といいます/吳志學的影像世界

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    工場内/微熱山丘

微熱山丘本店では工場見学や隣接のパイナップル畑でのパイナップル狩りも人気のアクティビティです。そして、村民市集というイベント広場があり、日曜日になると近くの農家が農産物を持ち寄って即売会を行います。その農産物目当てにわざわざ本店まで行く人もたくさんいます。

本店ではパイナップルケーキはもちろん、パイナップルフローズン、パイナップルジュース、パイナップルまんじゅう、パイナップル酵素などのパイナップルを原材料とした商品を販売しているショップがあります。

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    村民市集/快門下的幸福

  • 微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 南投本店

    ショップ/快門下的幸福

台北からはけっこう距離がありますが、大自然の中で台湾名物のパイナップルケーキが食べられて、伝統的な台湾建築物も見られますので、中部に行く機会があればぜひ訪ねてみてください。

微熱山丘の公式Facebookページでは「パイナップルケーキの包装の正しい開け方」も紹介されているので要チェックですよ。あれって、普通に開けるとパイナップルケーキの角が崩れちゃうんですよね。でも、この方法なら角が崩れずに開けられます。

<微熱山丘本店(サニーヒルズ)への行き方>

台湾鉄道で員林火車駅まで行く(台北から約3時間)→

員林駅バス乗り場で南投行きバスに乗り、凹楇寮バス停下車(約30分)→

徒歩5分で微熱山丘本店に着きます。

微熱山丘 SunnyHills(サニーヒルズ) 

パッケージが可愛い/快門下的幸福

微熱山丘本店:南投縣南投市鳳山里八卦路1100巷2號

TEL:049-229-2767

営業時間:9:00〜20:00

南投縣南投市鳳山里八卦路1100巷2號
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!