この記事をシェアする

台北中山のカフェ「藻堂 Algae House」。昔の日本家屋を改装したオシャレ空間

この記事をシェアする


台北中山のカフェ「藻堂 Algae House」。昔の日本家屋を改装したオシャレ空間

台北MRT中山駅の近くに、突如現れる古民家。

築100年以上のレトロな日本家屋を改装した、「中山18」という複合施設です。

カフェ、革製品雑貨店、タルトケーキ屋さん、美容室が入っています。

今回は、この中の可愛いカフェ「藻堂 Algae House」を紹介します。

台北中山のカフェ「藻堂 Algae House」

アクセス

台北MRT中山駅4番出口または中山地下街R7出口から徒歩2分。

小さな平屋なので、屋根瓦を目印に。

外観

藻堂 Algae House 玄関

内装

日本家屋ですが、中に入る際は土足のままでOK。

なんだか懐かしく、とても落ち着く雰囲気です。

藻堂 Algae House 客室

メニュー

こちらのカフェの店名「藻堂」の藻は、海藻の藻。

その名の通り、オーナー自身で海藻や海鮮を選び、天然成分を使用した料理のみが提供されます。

添加物や防腐剤など一切入っていない、台湾厳選素材だそうです。

藻堂 Algae House メニュー

メニューは一部日本語表記あり

まずは冬限定メニューのホットワインを頂きました。

冬季聖誕紅酒 280元

氷かと思ったら、可愛い形の寒天が!

モアイモチーフ、台湾で流行ってるんですよね。

ホットワインを注いだ後に寒天が溶け出し、少し甘みが増して、とても美味しいです。

そして台湾では珍しいおかずワッフル!

人生海海海鮮鬆餅 200元

藻堂 Algae House ワッフル

茶色い方はお店オリジナルのXO醤。薔薇の花は大根のお漬物。

XO醤は、アワビが入っているものと、ホタテ貝柱が入っているものの2種類あります。

キレイな盛り付けで、崩すのがもったいないくらいです。

焼きたてワッフルは、外カリ中フワでとても美味しく、甘すぎないので、ピリ辛のXO醬と甘酸っぱいお漬物との相性がとても良いです。

デザートは寒天ケーキ。

好骨力軟Q藻粿子 80元

藻堂 Algae House 寒天ケーキ

甘すぎない黒糖と口当たりが良い寒天。とても優しい味です。

他にも厳選素材を使ったお茶や季節限定ジュースなどがあります。

XO醤と寒天は購入可能。お土産にもOK!

XO醬と寒天は購入することも可能です。

料理を食べて気に入ったら、お土産にするのも良いですね。

藻堂 Algae House XO醤

まとめ

古民家の日本家屋の雰囲気を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごせるカフェ。

中山駅に近く、周辺の観光や買い物にも便利な場所です。

ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店名:藻堂 Algae House

住所:台北市中山北路二段26巷18號

Tel: (02) 25635138

営業時間:11:30-19:30(月曜定休)

台北市中山北路二段26巷18號
スポンサーリンク

この記事をシェアする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
SNSのFOLLOW

SNSのFollow↓↓


【この記事もどうぞ】
スポンサーリンク