台湾旅行の機内食、こうやって選ぶと美味しいよ!5つの秘訣を発表!

機内食、不味いと思っていませんか?

機内では地上の三分の二程度の味覚しかないので、そう思うのも仕方ありません。

また、再度加熱する事によって、食材本来の味が失われてしまいます。

 

しかし、この「機内食の選び方」を知っていれば、より美味しい機内食を食べる事ができますよ。

 

目次(見たい項目へ飛べます)

機内食の選び方、5つの秘訣

1.麺より、ご飯を選ぶ

機内食は、

製造工場で製造→機内へ運搬→時間になるとCAさんが温める

という流れですよね。

 

麺類は、再加熱すると食感が損なわれ易いです。

しかし、ご飯なら、二回の加熱程度であれば、本来の食感が残っています。

 

2.鶏肉を選ぶ

再加熱すると、牛肉と豚肉は硬くなり易いです。

鶏肉であれば、再加熱しても、柔らかいままの可能性が高いです。

 

また、海鮮類は再加熱すると鮮度が失われます。

 

3.あんかけ、カレーを選ぶ

あんかけやカレーであれば、ご飯のパサつきが抑えられます。

 

4.機内食を事前指定する

例えば、蝦が嫌いな人は、「アレルギー対応食で、蝦が入っていないもの」を頼んでおけば、嫌いな物を排除できます。

 

食事に制限がある人向けに用意されている、機内食の事前指定サービス。

「食事に制限がある訳ではないが、好き嫌いが激しい人」でも、使っていいんですよ。

 

5.出発地ゆかりの食事を頼む

日本発なら日本食、台湾発なら台湾食を頼んだ方が美味しいです。

 

日本発で小籠包の機内食を頼んでもいいですが、その機内食は、日本人が日本の製造工場で日本の食材で作ったものですよ。

 

まとめ

機内食も、選び方一つで、より美味しく食べられます。

「機内食が不味い」と文句を言うのではなくて、こういった小さなコツを使って楽しみましょう。

 

参考 雞肉較好!長途飛行「飛機餐怎麼選?」5大秘訣出發前必看

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる