「なんで台北人はtalkする時にEnglishをuseするの?」台北人の会話の特徴3つ

台湾が狭いと言えども、各地方によって特色は様々。

「その地方の人の話し方の特徴」もあるんです。

 

台湾のネット民が、「台中人は話し方に特徴がある。じゃあ、台北人は話し方にどんな特徴がある?」と投稿していたので紹介します。

下記の特徴があれば、その人は「台北人」かもしれません。

 

目次(見たい項目へ飛べます)

台北人の会話の特徴3つ

1.ルー語を話す

「talkする時にEnglishをuseするのがvery likeだよね。”我的schedule有點delay到了”とか」

 

その他にも、

「真假(マジで?)って言うのが好き」

「台湾語できない人が多いから、台湾語の発音が変」

という特徴があるそうです。

 

2.地名の略語が独特

「大安森林公園を”安森”って略す」

「台北駅は”北車”、国父記念館駅は”国館”、それなのに忠孝敦化駅は”敦化”って略してる」

「”館麥”の意味がわかるのは、きっと台北人」

(台北駅前の三越横、館前路の麥當勞の事だそうです。”赫麥”とも言うそうです)

 

3.台北中心部以外は「遠い」

「MRTで行けない所には行かない」

「クラスメイトは、台北駅⇔南港駅が、台北駅⇔淡水駅よりも遠いと思ってる」

「台北人が『広い家に住みたい』って言うから、『地方行けば?』って言ったら、『それは嫌』って言う」

「台北以外は南部だと思ってる」

 

MRTがあっても、板橋レベルで「遠い」と言っていますね、台北人は。

 

まとめ

「スレ主の言う台北人って、生粋の台北人の事?それとも地方から台北に出てきた人の事?」という意見もありましたが、地方から出てきた人も、台北に染まってしまうのかもしれませんね。

 

参照元 台北人講話的特徵? 鄉民點出「3大關鍵」一秒分辨

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる