台湾の空港の地上職員がイラつく客3選!「パスポート噛むな!細菌がいたらどうするんだ!」

スポンサーリンク

台湾の空港の地上職員がイラつく客3選!「パスポート噛むな!細菌がいたらどうするんだ!」

チェックインカウンターで、荷物の預け入れや航空券の発券などの搭乗手続きをしてくれる、空港の地上職員(グランドスタッフ)。

台湾のYoutuber・關韶文さんが、台湾の空港で地上職員をしている丘曄さんと対談をしていました。

その動画の中で地上職員さんが語っていた、「お客さんのNG行為」を紹介します。

以下全て、「してはいけない事」ではなく、あくまで「お客さんにこれをされると、地上職員はイラついてしまう」という事です。

スムーズなチェックイン手続きのために、皆さんはこれらの事をしないように心掛けて下さいね。

スポンサーリンク

地上職員がイラついてしまう客3選

1.パスポートカバーを付けたまま渡してくる客

顔写真のページをカバーに差し込んでいる人は困る。

こういう時に限ってカバーがキチキチで、カバーを外そうとしてもなかなか外れない。

無理に外そうとしてパスポートが破れては困る。

パスポートカバーは、自分で外してから、地上職員へ渡しましょう。

通帳ケースに、パスポートやクレジットカードなどを入れている人は多いと思います。

その通帳ケースをそのまま渡すのはNG。

なぜなら、無駄なクレームに繋がるからです。

お客さんの勘違いで、「このケースにクレカを入れていたはずなのに無い!地上職員が盗った!」とクレームを付けられては困りますからね。

もちろん、普段はカバーをしていて構いません。

チェックイン手続きの際には、自分でカバーを外して、パスポートのみを地上職員に提出しましょう。

2.スーツケースにカバーを付けている客

スーツケースに荷物タグを付けなければならない。

取っ手部分に穴がないスーツケースカバーの時は、伸縮バー部分の穴から取っ手を探ってタグを付けなければならない。

スーツケースにカバーがなければ、すぐにタグを付ける事ができるのに。

スーツケースカバーを買う時は、取っ手部分にも穴があるかチェック!

3.パスポートを噛む客

パスポートを噛んだ状態で、『姉ちゃん!チェックイン手続きよろしく!』とカウンターに来る人がいる。

お前の手は物を持つためにあるんとちゃうんか!

時々いますよね~。

リュックから物を取り出して、取り出した物を口に挟んで、ファスナーを閉めてリュックを背負う人。

空港には、いろんな国から来た人がいますね。

どんな細菌があるか分かりません。

不衛生ですから、物を噛むのは止めましょう。

まとめ

その他、「預け入れできない物をスーツケースに入れている客」「飛行機に乗り遅れそうな客」にも、イラついてしまうそうです。

皆さん、地上職員の方にイラつかれないように、上記3つの事をしないように心掛けましょう。

【職業訪談】地勤甘苦談!旅客NG行為「前三名」你上榜了嗎?feat.丘曄