粽やドラゴンボートだけじゃない!台湾端午節の慣わし6つ

台湾では旧暦5月5日が端午節という端午の節句。

だいたい毎年5月下旬~6月中旬くらいに端午節があります。

 

別名「龍舟節」や「粽子節」などとも呼ばれている端午節。

今回は台湾の端午節に行う慣わしを紹介します。

 

目次(見たい項目へ飛べます)

1.ちまきを食べる

もち米で作ったちまきを食べます。

ふだんからちまき屋さんがありますが、端午節の間だけ開店するお店もあるんですよ。

 

台湾北部と南部で、ちまきの作り方や具材が違うので、いろいろなちまきを食べてみてくださいね。

 

2.邪気を払う

鍾馗(しょうき)という道教の神様の像を飾ったり、玄関に菖蒲とヨモギを飾ったりして、邪気を払います。

#端午節 #習俗 #艾草菖蒲 #艾草 #tradition

Valenさん(@valenwuinsta)が投稿した写真 –

 

3.薬草を採る

この時期の薬草は効果バツグンらしい。

 

4.香包を首からさげる

こちらも厄除け、魔除けの意味があります。

香包は、下に房が付いたお守り形・ひし形・ちょうちょ形・ちまき形のものが伝統的なものですが、最近はキャラもの香包もあるらしい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

施宇珊さん(@shi.yushan)がシェアした投稿

5.ドラゴンボートレースを見る

台湾の端午節といえばドラゴンボート(龍舟)レース。

各地の河で盛大に大会が開かれます。

台湾国内、国外からたくさんのチームが参加します。

師範大学語学学校にもチームがありますよ。

場場都用決賽心情去扒 #dragonboathk #dragonboat #mawandragonboat #龍舟

SzeMan Tangさん(@szemantang)がシェアした投稿 –

 

6.生卵立てに挑戦!(立蛋)

生卵もしくは硬貨を、正午ぴったりに立たせることができると、その一年幸運だと言われています。

「端午節の日は引力がどうのこうの~」という話があるようですが、それに関して科学的根拠はないそうです。

やろうと思えば誰でもいつでも生卵を立たせることができるのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

怪怪(@socitem11237)がシェアした投稿

卵に絵を描いてもOK。

 

「立蛋成功」と、SNSにアップするのにもってこいのネタ。

端午節の日には、卵が立った画像であなたのタイムラインが埋め尽くされるでしょう。

 

参照元:Google 首頁出現六顆大粽子慶端午!6大習俗懶人包

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる