台湾人「南部人に言ってはいけない言葉って何かアル?」「台湾語下手」「スタバあるんだ?」

「台北 VS その他の地域」の戦いが激しい台湾。

今回、台湾のネット民が「南部人を激怒させる一言って何かある?」というスレッドを立て、話題だったので紹介します。

台湾も人口の台北一極集中が酷く、台北の事を「天龍國」と呼んでいます。

台湾の地方から、仕事を求めて台北にやって来る人もたくさんいるんです。

そのため、「台北 VS その他の地域」という勢力図になっています。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾南部人に言ってはいけない言葉

※以下すべて台湾北部人のコメント

「台北では悠遊卡(台北の電子マネーカード)使ってね」

「蚊、多いの?」

「南部人は北部に来るのが好きだよね!」

「高雄の地下鉄って、誰も乗ってないんでしょう?」

「冠婚葬祭でのしきたりが多すぎるっしょ」

「あなたたち南部人は~」

「丹丹漢堡が不味いんだけど」(注:そんな事はありません)

「バナナいる?」

「出掛ける時、猪に乗るんだろ?」

南部人っぽい顔してる

「南部の食べ物って全部甘いわ」

南部にもスタバってあるんだ?

「南部なんて辺鄙な田舎じゃん」

「俺は生粋の台北人だぜ」

「南部って汚そう」

「台北以南は全部南部って言うんだよ」

南部出身なのに、台湾語下手だね

「台南人にいちばん言ってはいけない言葉:飯が不味い」

「南部ではそうかもしれないけどね~ププ」

なぜ「台湾語下手」がNG?

「台湾語」というのは、「中国語」ではありません。

(詳しくは割愛しますが)

台湾南部では、祖父母と一緒に暮らしたり、外でも普通に台湾語が話されている事が多いため、南部の若者は台湾語ができる人も多いんですよ。

しかし、台湾北部の若者は、祖父母やお年寄りと関わる時間が少ないため、台湾語ができない人も多いそうです。

そういう背景があっての、「”台湾語下手”と言ってはいけない」という話です。

まとめ

台湾でも、「〇〇(私の出身地)って、何がありましたっけ?」と見下したように言ってくる日本人がいました。

出身地でしかマウントを取れない可哀想な人なんでしょうね。

参照元:[問卦] 如何用一句話激怒南部人

台北 VS 南部の戦いを見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる