台湾のブラック企業の実態!1か月休みなし、43時間食事せず

ブラック企業というのは台湾にもあるようです。

台湾のネット掲示板で、台湾のブラック企業の闇が暴露されていたので紹介します。

台湾ネット民

私の仕事はWEBデザイナー。
土日も家で休まず仕事。
徹夜が2日続く事もある。
病気になっても病院に行く時間がない。
人生は仕事のためにあるみたい。
みんなはブラック企業に勤めたことある?

これに対する他のネット民の反応は・・・

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾のブラック企業の実態

休み?何それおいしいの?

「俺は35日間連続出勤した事ある」

「私は3か月休みなし+毎日いつでも呼び出し」

「俺はこの7か月間で休みは旧正月と清明節のみ。そのうち3か月は明け方帰宅」

「私は1か月休みなし、熱が出ても休めない、ランチは午後4時にやっと食べられて、残業代なし」

「俺は出張してた1か月半の間、休みがなかった。43時間何も食べれなかったこともあった」

定時で上がることが夢

「48時間会社で仕事していた。全く寝ていない」

「その会社に就職して初めての週末に残業して、気づいたら朝10時から翌日の6時まで会社にいた」

「旧正月なのに夜中12時まで仕事して、ホテルにいるクライアントのところまで契約書を持って行った」

「1週間に60時間働いてる」

「俺は4日で70時間も働いてるぞ」

このままじゃ身体が悲鳴をあげる

「クライアントとお酒を10杯も飲んで、その夜10回吐いた」

「社長が水も飲ませてくれないし、トイレにも行かせてくれない・・・」

「クライアントと夜のお付き合いして、夜中の1時に家へ帰った。でも次の日の朝8時に出社」

まとめ

あるネット民は「台湾の労働環境は少なくともあと20年経たないと良くならないだろう。今の世代で変えるのは難しい」と言っています。

世の中からブラック企業がなくなればいいですね。

参照元:台灣職場爆肝實錄:一整個月沒休假、43小時未進食!?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる