台湾人「台北の200元の定食の量がコチラ。子供用かよ・・・」

台湾人「台北の200元の定食の量がコチラ。子供用かよ・・・」

天龍國(台北)って、物価が高いんですよね。

ちょっとオシャレなカフェだと、食事代が最低300元くらいするのも普通。

このたび台湾のネット民が台北の飲食店に行ったところ、「200元でこの料理は納得できない!」という料理が出てきたそうです。

どんな料理だったのでしょうか。

早速見てみましょう。

目次(見たい項目へ飛べます)

台北の200元の定食をご覧下さい

台湾ネット民:

「友人と永和で食事をする約束をしていた。

でも、どこに行こうか調べてなかったから、適当に店に入った。

そこは日式とんかつ屋だったんだけど、200元のデザート付とんかつ定食を頼んだら、こんなのが出てきた。

台北ではこんな少量で200元!
写真/PTT

このご飯!!!!!

握り拳より小さい!!!!!

子供用か!!!!!

これだけで200元?

自助餐(セルフ式レストラン)のほうが得だ!!!!!

次からは、どこのお店に行くか絶対に事前に調べておく!」

ちなみにデザートはこちらで、「とってもパサパサしていた」そうです。

デザートはこちらで、「とってもパサパサしていた」そうです。
写真/PTT

台湾のネット民の反応

「ひどすぎ!クレームしろよ」

「いや、マジで子供用と間違えてないか確認したほうがいいよ」

「付け合わせの野菜もひどすぎだな・・・マクドのほうがマシじゃね?」

「こんなの50元くらいだろ」

「私が前に食べたこれも、これだけで200元だった」

台北の200元のリゾット
写真/PTT

「百貨店の地下フードコートより高いなんて!」

「とんかつ小さすぎ。日本料理屋の160元のとんかつでもこんなに小さくないぞ」

「ダイエットを手伝ってくれてるんだから、感謝しなきゃ」

「私が先週行ったとんかつ屋は420元だったけど、こんなだったよ。どうやったらこうやって衣つけられるの?」

衣で5割増ししたとんかつ
写真/PTT

台北でもマシな店はある

「200元(約740円)なら、値段それなりじゃないの」と思う日本人の方もいるかもしれません。

しかし、台北でももっと安くて量もあるお店はいくらでもあります。

例はこちら。

ネット民「台北は物価高すぎ!200元のデザート付とんかつ定食頼んだら、ご飯の量が握り拳より小さい!」
南勢角のお店、このセットが160元/PTT
ネット民「台北は物価高すぎ!200元のデザート付とんかつ定食頼んだら、ご飯の量が握り拳より小さい!」
永和のお店の雞腿飯95元/PTT

まとめ

台湾の法定最低時給が全土統一で120元。

1食に時給の約1.7倍のお金を払って、拳サイズのご飯ですよ。

台北は物価が高いのですが、さすがにこれはひどすぎますね。

参照元:[難過] 這坨飯竟然比拳頭還小QQ

台湾人「台北の200元の定食の量がコチラ。子供用かよ・・・」

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる